· 

アインシュタインと仏さま

 

今回はアインシュタイン

 

 

アインシュタインと言えば有名な写真がこれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すみません    (-_-)

 

 

こっちですね

 

 

 

 

アルベルト・アインシュタイン

 

相対性理論で有名な天才物理学者ですね。

 

 

いろんな逸話のあるアインシュタインですが

 

こんな話が、、、

 

 

 

1922年の訪日の際に人力車に乗ることを薦められたが、

 

非人道的な奴隷的労働と解釈し

 

乗車を拒否したことがあったり

 

 

戦後、

 

原子爆弾開発に多少なりとも

 

後押しした行為を行ってしまったことを悔やみ

 

ノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹と面会した際に

 

涙ながらに謝罪したと言われています。

 

 

アインシュタインは2人の息子にあてた手紙において

 

 

「私が会った全ての人々の中で、

 

日本人が一番好きだ。

 

謙虚で物分かりや察しがよく、

 

技術に対する勘があるから」と

 

 

訪日した際の感想を述べていて

 

親日家の一面もあります。

 

 

 

また、こんなお話も、、、

 

 

 

「第三次世界大戦が起きたら、

 

どんな兵器が使われると予想しますか?」

 

 

という質問に対して

 

 

「第三次世界大戦についてはわかりませんが、

 

第四次世界大戦ならわかります。

 

 

 

・・・・・・ 石とこん棒でしょう。」

 

 

 

と答えたとか。

 

 ( ̄ー ̄)

 

学問の師・S先生からすこし前にお聞きしたお話。

 

 

アインシュタインは、仏教に興味を持っており

 

来日した際に京都の僧侶のお会いになり

 

 

「仏さまとは、どんな方ですか?」

 

 

とたずねると

 

その僧侶は「姥捨て山」の伝説の話をされたそうです。

 

 

息子が母親を背負って山へ

 

その時、母親は木の枝を折っている

 

 

息子は思います

 

母親を山に置いた後

 

母親自身が家に帰る目印だろうと

 

 

息子は帰り道で迷い

 

その折れた枝を頼りに

 

家に帰り着きます

 

 

そして、ふと考え

 

 

その時、はじめて

 

母親の自分を想う心に気づき

 

慌てて母親を山から連れ戻した

 

 

 

この話を聞き

 

アインシュタインは深い感動と共に

 

涙ぐまれたそうです。

 

自分を捨てるとわかっていても

 

我が子を捨てきれない母心

 

それが仏さまのお慈悲です

 

仏さまに背を向けているにもかかわらず

 

慈しみの心を持って

 

私たちを救われずにおれないと

 

働き続けておられる

 

それが仏さまなのだと

 

 

この話を聞いて「致知」の以前の記事を思い出しました。

 

 

記事の内容は次回に、、、     (^^)




 

臨時休診のお知らせ

 

現在

 

臨時休診はありません。