· 

黒と白

 

前回、「致知」の記事を紹介できませんでした。

 

 m(__)m

 

 

改めまして

 

 

作家・五木寛之さんの

 

「忘れ得ぬ人忘れ得ぬ言葉」より

 

 

雑誌の取材で

 

モハメッド・アリと対談すると聞いた時

 

最初、やや気が重かったが

 

通訳を介して話をしてみると

 

とても知的で

 

感受性のつよい

 

アスリートであることがわかった。

 

と述べています。

 

 

最初、幼少期の記憶について語り

 

黒と白という言葉にまつわる偏見について

 

いろいろと実例をあげて語ったそうです。

 

 

たとえば

 

ブラック・メール(脅迫) とか

 

ブラック・リスト(要注意人物表) とか

 

ブラック・マーケット(闇市場)

 

黒の色には悪のイメージがあり

 

逆に白には清らかな語感があること。

 

その言葉を使用する限り、

 

人びとは偏見から逃れられないのではないかということ

 

などである。

 

( ̄ー ̄)

 

 

 

モハメッド・アリは名言を数多く残しています。

 

最後にいくつかの言葉をご紹介して終わります。

 

 

「リスクを取る勇気がなければ

 

何も達成することがない人生になる。」

 

 

「人間が困難に立ち向かう時

 

恐怖を抱くのは信頼が欠如しているからだ。

 

私は私を信じる。」

 

 

「肯定の繰り返しが信念につながる。

 

その信念が深い確信になると

 

物事が実現し始める。」

 

 

「人は世界一のゴミ収集人になれる。

 

世界一のモデルにだってなれる。

 

たとえ何をやろうと

 

それが世界一なら何も問題はない。

 

  

臨時休診のお知らせ

 

現在

 

臨時休診はありません。