· 

聖夜の贈り物

 

12月25日はクリスマス

 

 

柄にもなく関連する本をご紹介 (^^)

 

 

 

 

 

「輝く夜」

 

 

百田尚樹さんの短編集です。

 

 

2007年に「聖夜の贈り物」として

 

刊行されたものを改題、文庫化されたものです。

 

 

百田さんと言えば

 

「永遠の0」や「海賊とよばれた男」「カエルの楽園」など

 

話題作を多数発表されています。

 

 

最近では「日本国紀」でも話題になっていますね。(^○^)

       

百田さんの著作の中では

 

ちょっと意外で百田さんらしくない作品に感じました。

 

(悪い意味ではなく) (^^)

 

 

テレビの「世にも奇妙な物語」っぽいかな  

 

( ̄ー ̄) 

 

 

 

 

「クリスマスの短編を書いてええかなあ?」

 

 

「日頃はつらい思いをしている女の子にも

 

夢みたいな報われる日があってもええやないか、

 

っていう話なんや。」

 

 

「絶対に面白い話になるよ!」

 

 

と編集者に電話してから

 

暫くしてできた作品だそうです。

 

 

 

自分ではまず選らばない本です。(^^)

 

 

尊敬する人から薦められて読みました。

 

 

その人はおっしゃいます。

 

 

人には会ってみろ!

 

メシは喰ってみろ!

 

 

 

何事も自分で確めてみるまでは

 

絶対結論付けてはいけない。

 

まず、会わなければなにも感じることはできない。

 

そこへ行かなければ、自分で見ることはできない。

 

食べてみなければ、美味しいか不味いは分からない。

 

人には会ってみろ、

 

メシは喰ってみろ。

 

理屈をこねる前に、自分で動くことだ。

 

 

 

人には会ってみろ!

 

メシは喰ってみろ!

 

人に薦められたら

 

本も読んでみろ!

 

 

 

 

「永遠の0」でデビューし

 

瞬く間に人気作家になられた

 

百田尚樹さんの第二作目が

 

「輝く夜」です。

 

 

五つの心が温まる短編が納められています。

 

 

 

 

 

臨時休診のお知らせ

 

「年末年始について」

    

 

年内は30日(水)の

12:00までの受付です。  

 

休診 

12/31(木)~  1/4(月)

 

 

新年は  1/5(火)より

通常通りの受付です。