· 

大人が読むべき児童書

No. 39

 

平成31年2月4日(月) 曇り

 

 

 

 

【Wonder】 ワンダー

 

脅威、驚嘆、驚き、不思議、奇観、奇跡。

 

(研究者・現代英和辞典より)

 

 

 

全世界で800万部以上を売り上げた

 

R・J パラシオさんのベストセラー小説をご紹介

 

 

Wonder(ワンダー)

 

本の表紙には300万部と

 

日本発売当時の数字になってありますが・・・(^^)

 

 

 

生まれつき顔に障害をもった少年と

 

その少年の周囲の人々の独白が

 

綴られています。

 

 

裏表紙の登場人物紹介では

 

 

主人公の少年

 

 

オーガスト

 

ふつうの男の子、ただし顔以外は。

 

 

とあります。

 

 

 

「自分がふつうの10歳の子供じゃないと分かっている。

 

といっても、もちろんふつうのことをするよ」

 

 

という冒頭から始まります。

 

 

 

 

以下、内容を少しだけ

 

 

 

 

生まれつきの障害で人とは違う顔を持った少年は

 

幼いころから母親と自宅学習していました。

 

 

小学校5年生になって初めて学校に通うことになります。

 

 

顔のことで様々な事件や出会いに遭遇しますが

 

そこには大人の事情があまり書かれていません。

 

 

そこが深く考えさせられる一因ですが

 

実に様々なことを投げかけて来ます。

 

 

お姉さんも弟のことはかわいいと思いながらも

 

両親が身体の弱い弟にかかりっきりなることに

 

複雑な感情を持ち悩みを抱えています。

 

 

うまく付き合おうする同級生も

 

いざ出会ってみると動揺が隠せない。

 

子供だからどうしてもボロが出てしまいます。

 

 

いろんなことが起こりますが

 

それを打破していくのは

 

主人公の少年自身です。(^^)

 

 

まだお読みでない方は是非!

 

 

大人が読むべき児童書です。(^^)

 

 

昨年、

 

ジュリア・ロバーツが母親役で映画化され

 

日本でも公開されました。

 

 

Woder  ワンダー 君は太陽

 

 

アメリカではヒットしたようですが

 

日本ではそうとは言えず

 

映画を見に行こうと思っていたら

 

いつの間にか終わっていました。(ToT)

 

 

 

現在、

 

DVDも発売されているようです。

 

 

ご覧になっていない方は

 

本か映画かDVDで

 

是非とも観ていただきたいです。

 

 

 

また

 

Wonder(ワンダー)以外でも

 

 

 

エルトゥールル号の映画

 

(海難1890)

 

 

 

 

杉原千畝さんの映画

 

(杉原千畝 スギハラチウネ)

 

 

のような良い話の映画は

 

多くの人に観てもらいたいですね。(^^)

 

 

 

 

「ワンダー」の続編

 

 

「もうひとつのワンダー」 

 

 

もありますので

 

後日、

 

ご紹介できたらと思っております。

 

 

 

 

いつも長原整骨院のブログをご覧いただきまして

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

臨時休診のお知らせ

 

現在、

 

臨時休診はありません