· 

破天荒? or 改革者?

No. 40

 

平成31年2月5日(火) 晴れ

 

 

 

 

突然ですが

 

OWNDAYS (オンデーズ)って会社をご存知ですか?

 

 

眼鏡チェーン店の会社です。

 

 

 

私の中で眼鏡チェーンと言えば

 

JINS (ジンズ)さんやZoff (ゾフ)さん、眼鏡市場さんを連想します。

 

 

正直、

 

オンデーズさんのことは恥ずかしながら

 

この本を読むまで知りませんでした。 (T_T)

 

 

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

 

田中修治 著

 

 

以下、内容を少しだけ

 

 

 

20億の売り上げに14億の負債

 

 

2tトラックの荷台に1.4tの砂利が乗っているようなもの

 

 

そんなトラック、

 

重くてスピードは出ないし、

 

運転も難しい。

 

カーブだって曲がりきれない。

 

いつ、ひっくり返って

 

大事故になってもおかしくない

 

 

 

 

 

誰もが倒産すると言っていた

 

オンデーズを買い取り、

 

再生していく物語です。

 

 

小説風に書かれていますが、

 

ほぼ実話という

 

ドキュメンタリーに近い内容になって

 

「絶望」と「希望」の繰り返しで

 

テンポよく描かれています。

 

 

 

経営者なら避けては通れない

 

「お金」の問題が重く圧し掛かります。

 

 

 

特に、従業員を雇用し

 

他人の生活に少なからず

 

影響を与える立場ならば責任は大きく

 

人によっては

 

「破産」や「死」に至ってしまうケースも

 

あるのではないでしょうか (*_*)

 

 

そして

 

「取引先」「従業員」「仲間」の重要性。

 

 

 

「諦めちゃだめだ!」

 

 

という文中の某社長の熱い言葉や

 

 

「倒れる時は前向きに!」

 

 

 

という社長の田中さんの言葉に

 

読んでるうちに

 

オンデーズを応援している自分がいます。(^^)

 

 

 

 

例えるなら

 

復讐成分の無い

 

爽快感がある半沢直樹といった内容で

 

池井戸ワールド的な感じです。(^^)

 

 

 

経営者であるならば読んで欲しい作品です。

 

経営に携わらない人でもきっと楽しめます。

 

 

 

 

 

田中さんの行動を

 

 

破天荒と取るか!

 

改革者と取るか!

 

 

この本を読んだ後は

 

多くの人がオンデーズのファン

 

なっているのではないでしょうか?(^o^)

 

 

実際、

 

店舗の場所を調べると大阪にもあるようなので

 

今度、行ってみようと思っている自分がいます。 (^^)

 

 

「金持ち父さん」シリーズを読んだ後に

 

「キャッシュフローゲーム」をしたくなる感じみたいですね。(^^)

   

 

 

 

「破天荒フェニックス」 

 

が出版されて

 

有料のパンフレットの如く

 

実店舗の眼鏡の売り上げも上がるだろうなあ (^o^)

 

 

続編を出版されることを期待します。

 

 

 

次は

 

資金繰りに幾度となく奮闘していた

 

財務最高責任者さん目線の物語を

 

是非とも読んでみたいですね!(^^)

 

 

 

 

いつも長原整骨院のブログをご覧いただきまして

 

ありがとうございます。  m(__)m

 

 

臨時休診のお知らせ

 

現在

 

臨時休診はありません。