· 

伝説の営業

 No. 44

 

平成31年2月12日(火) 晴れ

 

 

 

プロフェッショナルとは?

 

 

 

 

 

約11年間で契約件数は3080件

 

特に最初の2年間は件数554件

 

 

毎週平均 5.5件の生命保険を

 

100週にわたって販売し続けた。

 

 

 

プルデンシャル生命で

 

伝説的な営業マンと称された

 

 

甲州賢さん (享年42)

 

 

のことが紹介されている本が

 

 

 

"プロフェッショナルセールスマン"

 

 

 

 

副題は

 

「伝説の営業」と呼ばれた男の壮絶顧客志向

 

 

著者・編者は神谷竜太さん

 

 

セールスのHOW TO 本というより

 

甲州さんの伝記といった方がしっくりきます。(^^)

 

 

 

大学卒業後

 

旅行会社のJTBに入社しセールス(営業)に出会う

 

 

セールスで自分の力を試したくてリクルートへ

 

 

32歳の秋

 

ヘッドハンディングでプルデンシャル生命に転職し

 

セール道を極める。

 

 

 

甲州伝説として

 

 

7つのブロックにわけて

 

いろんなエピソードが書かれています。

 

 

 

その中からひとつだけご紹介

 

 

 

 

「人間には限界がある。

 

でもそれは意外と高い所にある」

 

 

 

リクルート時代に上司から言われた言葉で

 

当時座右の銘にしていたそうです。

 

 

その上司にすっかり惚れ込んだ甲州さんは

 

できるだけ一緒になる時間をつくって

 

いろんなことを勉強したいと考えました。

 

 

やがてその上司が帰宅する電車の隣席に乗り込み

 

次々と質問を投げ続けるようになり

 

最終的には上司の近所へ引っ越したらしいです。(^^)

 

 

 

プルデンシャル生命では

 

 

「毎週、必ず3件以上の契約を1年(50週)続ける」

 

 

それが社内の成功のひとつの基準だそうです。 (>_<)

 

 

 

甲州さんは100週連続  (*_*)

 

 

特に最初の2年は

 

週平均5.5件!

 

 

凄過ぎます!(^^)

 

 

その為には

 

 

週に12人の新しい人と会い

 

週に25件前後のアポイントを入れる必要があるようで

 

そのようにして逆算し

 

日々のタスクを決めていったそうです。

 

 

本当に凄過ぎます!(^^)

 

 

 

セールスマン

 

 

に限らず

 

 

プロフェッショナル

 

とは

 

 

「信頼できる人」

 

「尊敬できる人」

 

「安心できる人」

 

 

が共通する項目かなあーと感じます (^^)

 

 

 

最後に

 

 

 

 

ある講演での質疑応答の時間

 

 

 

「他の営業マンとどこが違うのですか?」

 

 

との問いに

 

 

「知識や技術的なことは何も違いませんよ。」

 

 






 

 

「ただひとつ、”本気度”が違うんです!」

 

( ̄ー ̄)

 

 

 

 

 

いつも長原整骨院のブログをご覧いただきまして

 

ありがとうございます。 m(__)m

 

 

 

 

 

臨時休診のお知らせ

 

現在

 

臨時休診はありません。