· 

古事記と日本書紀

No. 55

 

平成31年2月27日(水) 曇り

 

 

 

 

前回、

 

天孫降臨のことを

 

少しだけご紹介しました。(^^)

 

 

今回も少し日本の歴史について

 

 

日本の誕生から天皇の治世を描いた

 

二大古典と言えば

 

 

「古事記」 と 「日本書紀」

 

 

 

この2つの書物はしばしば合わせて

 

 

「記紀」

 

 

と称されています。

 

 

 

その「記紀」をわかり易く解説している本が

 

 

 

図説 地図とあらすじでわかる!

 

古事記と日本書紀

 

 

著者・監修者は

 

坂本 勝さん

 

 

今回はこの本を少しご紹介 (^^)

 

 

 

「記紀」はともに

 

日本の誕生から書き起こされ、

 

冒頭は八百万(やおよろず)の神々が

 

神秘的なドラマを織り成します。

 

 

やがて神の子孫である人間が登場し、

 

次第に神話から歴史へと移行していきます。

 

 

ただ、「歴史」といっても、

 

神話的内容も多く含まれ、

 

事実をありのままに

 

記録したものではありません。

 

 

「記紀」の背景には、

 

数世紀におよぶ

 

日本の古代王権誕生にまつわる

 

歴史のドラマが潜在していることも間違いなく

 

その上、

 

古代人の世界観や信仰、

 

生活が如実に現れているのだから、

 

興味は尽きないと

 

著者・監修者の坂本さんはおっしゃいます。

 

 

 

これら2書が編纂された背景には

 

7~8世紀における

 

日本国家の成立という歴史的事実があります。

 

 

天皇家が自らの統治の正当性を説明しようとして

 

ともに時の権力者・天武天皇の命によって

 

編纂が開始されていますが

 

この2書は重複する箇所や似通った箇所が非常に多くあります。

 

 

「記紀」以前にも、

 

天皇の系譜や神々や

 

英雄の物語が書かれていたという

 

「帝紀」、「旧辞」

 

と呼ばれる書物がありましたが、

 

長い年月を経るに従って修正が加えられ、

 

天武天皇の時代には

 

本来の歴史が失われかけていました。

 

そこで内容を調べ直して再編集されたのが、

 

 

「古事記」です。

 

 

 

 

 

 

 

 「記紀」は非常に似通っていますが

 

異なっているところも多々あります。

 

 

簡単に「記紀」を比べてみると

 

 

まずは

 

「古事記」

 

 

(編纂者)

 

稗田阿礼が語り伝えた「帝紀」、「旧辞」を太安万侶がまとめる

 

 

(成立年・巻数)

 

712年 全3巻

 

 

(表記)

 

日本語重視の変体漢文

 

 

(収録年代)

 

天地開闢~推古天皇

 

 

(内容)

 

天皇家の歴史

 

 

 

 

次に「日本書紀」

 

 

(編纂者)

 

舎人親王

 

 

(成立年・巻数)

 

720年 全30巻

 

 

(表記)

 

漢文

 

 

(収録年代)

 

天地開闢~持統天皇

 

 

(内容)

 

律令国家の正史

 

 

 

国内向けの「古事記」

 

 

海外向けの「日本書紀」

 

といった感じですね。(^^)

 

 

 

この本は

 

「地図」と「あらすじ」で

 

「古事記」「日本書紀」

 

わかりやすく解説していますので

 

 

かなり読みやすいと思います。

 

 

是非、ご一読を!(^o^)

 

 

 

 

いつも長原整骨院のブログをご覧いただきまして

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

臨時休診のお知らせ

 

「年末年始について」

    

 

年内は30日(水)の

12:00までの受付です。  

 

休診 

12/31(木)~  1/4(月)

 

 

新年は  1/5(火)より

通常通りの受付です。