· 

ニーチェの言葉

No. 59

 

平成31年3月4日(火) 晴れ

 

 

 

 

今週は超訳シリーズ (^^)

 

 

 

前回、吉田松陰の

 

超約「覚悟の磨き方」をご紹介しました。

 

 

今回はこの人

 

 

 

ニーチェの超約をご紹介 (^^)

  

 

 

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ

 

Friedrich Wilhelm Nietzsche,1844年10月15日 - 1900年8月25日

 

ドイツ哲学者古典文献学者

 

 

現代では実存主義の代表的な思想家の一人として知られる。

 

 

古典文献学者 フリードリヒ・ヴィルヘルム・リッチュルに才能を見出され、

 

哲学教授職を希望しつつも、

 

バーゼル大学古典文献学教授となり、

 

辞職した後は在野の哲学者として一生を過ごした。 

 

 

随所にアフォリズムを用いた、巧みな散文的表現による試みには、

 

文学的価値も認められる。

 

 

(以上、ウキペディアより)

 

 

 

 

超訳 ニーチェの言葉

 

 

 

篇訳は白取春彦さん

 

 

青森市生まれ

 

評論家、翻訳家

 

 

「はじめに ニーチェという変わった哲人」より

 

 

ニーチェの哲学は決して難しくない。

 

少し読んでみれば、

 

興奮を覚えるだろう。

 

ニーチェの文章が読者を興奮させるのではなく、

 

自分の頭で考えるという生々しさに

 

読者が刺激とインスパイアを受けるからだ。

 

そこにニーチェ最大の魅力がある。

 

 

とまえがきに書いています。

 

 

本編は

 

 

Ⅰ 己について

 

Ⅱ 喜びについて

 

Ⅲ 生について

 

Ⅳ 心について

 

Ⅴ 友について

 

Ⅵ 世について

 

Ⅶ 人について

 

Ⅷ 愛について

 

Ⅸ 知について

 

Ⅹ 美について

 

 

 

「10」のカテゴリーにわけて

 

「232」のニーチェの言葉が超訳されています。

 

 

 

 

その中でひとつだけご紹介 (^^)

 

 

Ⅹ 美について より

 

 

 

231  良いことへの道

 

 

すべての良い事柄は、遠回りの道を通って、目的へと近づいていく。

 

『ツァラトゥストラはかく語りき』

 

 

短い文章の中でも考えさせられる言葉がたくさんあります。

 

あくまでも超訳ですので(^^)

 

 

ニーチェや哲学に詳しい人が読めば

 

よくある自己啓発本のように思えて

 

納得いかない部分があるとは思いますが

 

自分にとって必要な言葉だけ

 

取り出したら良いのではないでしょうか?

 

 

何度も言いますが

 

あくまで超訳ですので (^^)

 

入り口として

 

触れるきっかけになるのであればOKでは? (^o^)

 

 

次回も超訳シリーズです。

 

 

 

いつも長原整骨院のブログをご覧いただきまして

 

ありがとうございます。 m(__)m

  

臨時休診のお知らせ

 

現在

 

臨時休診はありません。