· 

福に憑かれた男

No. 64

 

平成31年3月12日(火) 曇り一時雨

 

 

 

 

 

前回まで3回続けて

 

本好きには有名な聖地について書きました。(^o^)

 

 

東の「読者のすすめ」さんと

 

西の「ブックランドブレンズ」さんです。

 

 

今回はその方々をモデルにした小説をご紹介 (^^)

 

 

 

「福」に憑かれた男 

 

人生を豊かに変える3つの習慣

 

作者は喜多川靖さん


 

98年、横浜市に学習塾「聡明舎」を設立

 

  

人間的成長を重視した、

 

まったく新しい学習塾として話題になり  

 

2005年に作家としての活動を開始し

 

多くのベストセラー本を執筆され、

 

その独特の世界観は

 

多くの人に愛されています。

 

 

 

このブログでも以前に

 

 

「書斎の鍵」

 

 

をご紹介しました。(^^)

 

 

"「福]に憑かれた男"

 

の文庫版のあとがきに

 

 

「全国の本屋さんを元気にしたい」

 

という思いから生まれた作品だと

 

おっしゃった後に

 

 

この本のモデルや背景について

 

触れられている箇所があります。

 

 

舞台となっている本屋さんは架空のものです。

 

とはいえ、僕の中では、

 

実際にある二つの本屋さんを参考にイメージを作り上げました。

 

 

ひとつは、東京都江戸川区にある「読者のすすめ」さん、

 

もう一つは兵庫県伊丹市にある「ブックランドブレンズ」さんです。

 

 

どちらも作品中の長船堂書店以上に、

 

個性的かつ、素敵な本屋さんです。

 

 

主人公の秀三や、彼を取り巻く環境は

 

ブックランドブレンズの店長河田秀人さんからの話を参考に、

 

世界観を作りこんでいきましたし、

 

 

長船堂書店で経験する出来事のいくつかは、

 

僕自身がじっさいに

 

読者のすすめの店長清水克衛さんと

 

出会って経験したことなどがベースになっています。

 

 

 

本の内容を少しだけ (^^)

 

 

突然他界した父親に代わり、

 

実家の長船堂書店という 

 

本屋を継いだ主人公。 



いくら奮闘しても経営はまったく軌道に乗らず、

 

ついに長船堂書店は閉店の危機を迎えます。 

 

 

しかし、

 

そんな主人公は

 

誰に教わるわけでもなく

 

福の神を呼び寄せる方法を知っていました。(^^)

 

 

 

この本を読み進めるにつれ、

 

働くことの意味、生きる目的が見つかります。 

 

 

人生になぜ逆境が訪れるのか?

 

 

本当に豊かに生きるために

 

 

人は何をすべきなのか?

 

 

何を学ぶべきなのか?

 

 


逆境を乗り越え、

 

願いを実現するために知るべき「ヒミツ」 

 

が書かれています。

 

 

この本を読めば福の神が憑くかも? (^o^)

 

 

いつも長原整骨院のブログをご覧いただきまして

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

臨時休診のお知らせ

 

「年末年始について」

    

 

年内は30日(水)の

12:00までの受付です。  

 

休診 

12/31(木)~  1/4(月)

 

 

新年は  1/5(火)より

通常通りの受付です。