· 

緑色と茶色

No. 66

 

平成31年3月14日(木) 晴れ

 

 

 

 

今回も

 

前回に引き続き絵本です。(^^)

 

 

 

緑色のカエル 茶色のカエル

 

 

著者は

 

きしら まゆこ さん

 

 

 

帯には

 

 

世界で一千万人以上のビジネスマンに支持される

 

『ザ・ゴール』の著者・ゴールドラット博士も愛読。

 

 

とあります。(^^)

 

 

 

もしあなたが小さなカエルになったとして、

 

池を見た時に何を思われるでしょうか?

 

 


本書の主人公である緑色と茶色のカエルは、

 

全く異なる思いを抱きます。

 

 

 

「気持ちよさそうな池だ。よし入ってみよう」

 

 

「こんな濁った池、絶対に入れない」

 


その後も同じ経験を積みますが、

 

一方は楽しみや喜びを感じ、

 

他方は不平不満を感じ続けます。

 


しかしある日、

 

二匹は出会い、

 

茶色のカエルに変化が起こっていきます。

 

 

 

致知出版社がおくる初の人間学絵本は、

 

繰り返し読むことで、

 

「考える力」を養っていける一冊です。

 

 

この二匹の違いはどこにあるのでしょうか?



それがわかると、

 

物の見方や考え方が変わり、

 

人生を好転させるコツをつかめるかも? (^^)

 

 

この本のストーリーは非常にシンプルで

 

感じることは人それぞれだと思います。(^^)

 

 

読み始めは

 

自分は緑色のカエルだと思っていました。

 

 

ただ読み終わった時、

 

茶色のカエルかもしれない?

 

と考えさせられました。( ̄ー ̄)

 

 

いつも長原整骨院のブログをご覧いただきまして

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

臨時休診のお知らせ

 

現在

 

臨時休診はありません。