· 

仙台四郎

No. 68

 

平成31年3月18日(月) 晴れ

 

 

 

 

 

少し前に

 

福の神に憑かれた人の話

 

 

 

喜多川泰さんの

 

 

「福に憑かれた男」

 

 

をご紹介しました。(^^)

 

 

 

今回は

 

福の神になった人の話です。(^^)

 

 

 

 

仙台四郎の物語

 

福の神になった少年

 

 

 

著者は

 

 

丘修三さん

 

1941年、熊本県に生まれる。

 

東京学芸大学および東京教育大学で、障害児教育を学ぶ。

 

養護学校教諭を経て、作家活動に入る。

 

 

 

村上豊さん

 

1936年、静岡に生まれる。

 

絵本のほか、新聞や雑誌、単行本の挿絵など幅広く活躍。

 

 

 

冒頭に

 

この写真が掲載されています。

 

 

この人が仙台四郎さん

 

こと芳賀四郎さん

 

 

明治時代に仙台の町で

 

無邪気に自由に生きた実在の人物で

 

 

みんなにばかにされたり、

 

愛されたりしながら激動の世を

 

町の人々と共に生き

 

「福の神」と呼ばれ、

 

今も親しまれている

 

仙台市民なら誰でも知っている

 

有名な人物です。(^^)

 

 

この本を読んで

 

最初に掲載された四郎さんの写真に

 

目を奪われました。

 

 

大人か子供かわからない顔に

 

本当の「福の神」?

 

と思ってしまいます。(^^)

 

 

四郎さんにつらくあたる者が

 

ことごとく没落していき

 

 

馬鹿にもせずにやさしく接する人は

 

お店も繁盛し

 

いつの間にか幸せになっていく。

 

 

  

文字も大きく

 

漢字にふりがなもふってあるので

 

小・仲学生でも読めると思いますので

 

子供にも読んで欲しいなあ!(^o^)

 

 

また、読み手によっても

 

様々な解釈ができますが

 

内容も深いので

 

いろいろと考えさせられます。( ̄ー ̄)

 

 

今でも、

 

仙台四郎さんの写真を

 

大切に飾っているお店が

 

仙台市内にはたくさんあるそうなので

 

仙台に行った時は

 

要チェックです! (^^)

 

 

いつも長原整骨院のブログをご覧いただきまして

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

臨時休診のお知らせ

 

現在、

 

臨時休診はありません