· 

イチローの作文

No. 72

 

平成31年3月25日(月) 晴れ

 

 

 

 

マリナーズのイチロー選手

 

とうとう引退しましたね (T_T)

 

 

ついにこの日が来ました。

 

 

「50歳まで現役で!」

 

 

と、おっしゃってましたので

 

少し驚きました。(>_<)

 

 

 

私の中で

 

 

「イチロー選手」

 

 

と言ってすぐに頭に浮かんだのが

 

ブログタイトルにもある

 

 

僕の夢は、一流のプロ野球選手になることです」



・・から始まる、

 

当時小学5年生だったのイチロー選手の作文です。

 

 

至る所で紹介されていましたので

 

知っている人も多いのではないでしょうか。(^^)



何度も読んでも、

 

その度に心に響く物があります。

 

 

 

イチロー選手と言えば、

 

月に何万円分も

 

バッティングセンターに親子で通った話や

 


指摘されても

 

打撃フォームを直さなかった話。

 


仰木監督との出会いや

 

試合の日の食事のメニューの話など

 

 

有名なエピソードはたくさんありますが



個人的には、

 

小5の時のこの作文が一番印象に残っています。(^^)

 

 


約をすると、

 

 

「夢は”一流”のプロ野球選手になること」

 

 

その夢を実現するためには、

 

学生時代から活躍して

 

ドラフトで選ばれる必要がある。

 


「そのために、小さい頃から練習し、

 

友達と遊ぶ時間も無かったが惜しくはない」

 


「自分では、投手か打撃に自信があると考えている」

 

 

全国大会に行った時、

 

他の選手を観察したが

 

成績も自分が一番だと思う。

 


この調子で将来も野球を続ければ、

 

 

「きっとプロ野球の選手になれる」

 

 

その時は、

 

 

「お世話になった人を試合に招待したい」

 

 

 

このような内容です。

 

 

 

夢を信じ、

 

 

小学校5年生で

 

その代償を受けいれ、

 

 

自分の力を冷静に分析し、

 

 

自分だけではなく、

 

関係者全員に恩を感じ

 

みんなを幸せにしたい。

 

 


夢を叶えると言うこと、

 

物事をなす人の本質が

 

この作文に表現されていると思います。(^^)


このイチロー選手の作文の全文が

 

紹介されている本が

 

 

 

心に響く小さな5つの物語

 

 

 

 

イチロー選手の作文の話と合わせて

 

 

5つの話が収められています。

 

 

どれも心を打つ話ばかりで

 

5つの感動をピックアップして

 

一冊にまとめています。(^^)


5つの物語それぞれに、

 

片岡鶴太郎さんの挿絵が添えられています。

 


本文の文字数はとても少ないですが、

 

片岡鶴太郎さんの絵が加わり、

 

味わい深い一冊になっています。

 

 

人生において大切な事が

 

書かれていますので

 

たびたび読み返したい本です。(^^)

 

 

 

いつも長原整骨院のブログをご覧いただきまして

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

 

臨時休診のお知らせ

 

「年末年始について」

    

 

年内は30日(水)の

12:00までの受付です。  

 

休診 

12/31(木)~  1/4(月)

 

 

新年は  1/5(火)より

通常通りの受付です。