· 

羽生結弦選手の努力

No. 92

 

平成31年4月22日(月) 晴れ

 

 

 

 

前回、

 

東京大学入学式のスピーチで

 

「致知」の記事を思い出したと書きました。(^^)

 

 

 

 

月刊「致知」2019年4月号に

 

作家の五木寛之さんと

 

臨済宗円覚寺派管長の横田南嶺さんの

  

対談記事がありました。

 

 

その対談の中で

 

フィギュアスケートの羽生結弦選手の言葉を

 

話されていました。

 

 

羽生結弦選手の言葉として

 

 

「努力はウソをつく。でも無駄にはならない。」

 

 

 

必ずしも報われるとは

 

限らないけれども、

 

努力はすべきである

 

 

という含みを持った発言ですよね。

 

 

あの羽生選手でも

 

時にはやったことが全部

 

無駄だったという挫折もあるのかと思って、

 

この言葉はとても印象に残っているんです。

 

 

と五木さんはおっしゃってます。

 

そして

 

 

「明日死ぬと分かっていてもするのが養生」

 

 

というのが自身のモットーだと語り、

 

 

石田三成が

 

処刑される前に柿を勧められて

 

腹を壊したくないからと断った話にも

 

通ずるものがある。

 

 

おっしゃいます。

 

 

 

この対談記事を読み

 

ガンジーの有名な言葉が頭に浮かびました。(^^)

 

 

最後にその言葉ご紹介して終わります。

 

 

 

 

”Live as if you were to die tomorrow.

 

Learn as if you were to live forever.”

 

- Mahatma Gandhi (ガンジー) -

 

 

”明日、死ぬかのように生きなさい

 

永遠に生き続けるかのように学びなさい”

 

 

 

 

 

いつも長原整骨院のブログを

 

ご覧いただきまして

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

臨時休診のお知らせ

 

現在、

 

臨時休診はありません