· 

運を転ずる者

No. 93

 

平成31年4月23日(月) 晴れ

 

 

 

 

 

前回、

 

前々回と

 

 

「努力はウソをつく」

 

 

「頑張っても報われない」

 

 

といった内容の記事をかきました。(^^)

 

 

 

今回は本の帯に

 

全く逆のことが書かれている本をご紹介 (^^)

 

 

運転者

 

未来を変える過去からの使者

 

 

 

このブログでも時々ご紹介させていただいている

 

喜多川 泰 さんの最新刊です。

 

 

帯には

 

 

運を転ずる者からのメッセージ

 

 

「報われない努力なんてない!」

 

 

とあります。

 

 

裏表紙の帯には

 

 

 

運が劇的に変わる時、場というのが、

 

人生にはあります。あなたにも。

 

 

 

運は<いい>か<悪い>で表現するものじゃないんですよ。

 

<使う><貯める>で表現するものなんです。

 

 

先に<貯める>があって、

 

ある程度貯まったら<使う>ができる。

 

 

運は後払いです。

 

何もしてないのにいいことが起こったりしないんです。

 

 

周囲から<運がいい>と思われてる人は、

 

貯まったから使っただけです。  (本文より)

 

 

 

ネタバレするといけませんので

 

本の内容はあまり書きませんが

 

少しだけ (^^)

 

 

本の帯に書かれているように

 

「運」

 

がキーワードの物語です。

 

成功している人は様々な分野で

 

いらっしゃいますが

 

うまくいかない人は

 

総じて

 

不機嫌な人が多いようです。

 

 

運を良くできるかは本人次第で

 

不機嫌な人

 

運を逃し

 

 

上機嫌な人

 

運を掴む

 

可能性が高まる!

 

 

詳細は是非とも本編を読んで下さい。(^^)

 

 

 

個人的な意見ですが

 

 

「手紙屋」や「賢者の書」などに代表される

 

初期の喜多川泰さんの作品は

 

 

10代から30代といった若い世代を

 

応援するメッセージ性を強く感じましたが

 

 

今回の

 

「運転者」を含む最近は

 

 

 

「先人が残してくれたもの」

 

 

 

 

「次世代に残していく」

 

「次世代に繋いでいく」

 

 

という使命感のようなものを感じました。

 

 

 

いつも素晴らしい作品を

 

ありがとうございます。 (^^)

 

 

 

本書を

 

伊丹の「ブックランドフレンズ」さんで

 

購入しましたが

 

こんな紙が入っていました。(^^)

 

 

店主のこんぶさんが

 

「運転者」を読んで

 

 

「次世代のために何か贈ろう!」

 

 

と思い

 

 

「自分を育ててくれた母校」

 

「本」を贈ったそうです。

 

 

そして同じように本を贈りたい方は

 

お手伝いしてくれます。 (^^)

 

 

喜多川泰さんの本に限らず

 

絵本や児童書など

 

どんな本を贈ればいいかわからなければ

 

相談にのってくれるそうです。 (^^)

 

 

ご興味のある方は

 

「ブックランドフレンズ」まで! (^^) 

 

 

いつも長原整骨院のブログを

 

ご覧いただきまして

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

ブックランドフレンズ

〒664-0846
兵庫県伊丹市伊丹2丁目5-10 アリオ2

072-777-1200

平日:6:30~21:30
土日祝:9:30~21:30
(年中無休)

 

 

臨時休診のお知らせ

 

現在

 

臨時休診はありません。