· 

国民教育の師父

No. 95

 

平成31年4月25日(木) 曇り一時雨

 

 

 

 

 

前回、

 

「致知」の記事のことを少し書きました。(^^)

 

 

その中で

 

森信三先生の言葉も少しご紹介しましたが

 

 

今回、

 

もう少しだけ、

 

森信三先生のことを書きます。(^^)

 

 

 

森 信三(もり のぶぞう)さん

 

通称、しんぞう

 

 

1896年(明治29年)9月23日 - 1992年(平成4年)11月21日

 

日本の哲学者・教育者。

 

 

天王寺師範学校(後の大阪教育大学)の専攻科講師を経て、

 

1939年に旧満州の建国大学に赴任。

 

 

敗戦後の1946年に帰国し、翌年に個人雑誌「開顕」を創刊。

 

その後、

 

神戸大学教育学部教授や神戸海星女子学院大学教授などを歴任。

 

 

1975年に「実践人の家」を建設。

 

全国各地で講演を行ない、

 

日本民族再生に大きく働きかけ

 

 

国民教育の師父

 

 

と呼ばれています。

 

 

 

著書もたくさんあります。

 

当院の待合室にも少しだけ (^^)

 

 

 

その中の一冊

 

 

「修身教授録」

 

 

この本は

 

 

森信三先生が

 

大阪天王寺師範学校(現・大阪教育大学)で

 

教鞭を執っていた時期

 

昭和12年から13年にかけて行った

 

「修身」の授業の講義録です。

 

 

教師を目指す学生に向けた講義内容ですが

 

「死生の問題」「人生二度なし」等、

 

簡潔に解き明かした人生の教えは

 

 

 

少し前のブログで取り上げた

 

 

SBIホールディング社長の北尾吉孝さん

 

 

など

 

 

愛読書として挙げる著名人や経営者の方が

 

数多くいらっしゃいます。 (^^)

 

 

 

論語の師・名古屋のSさんも

 

もし無人島に1冊だけ本を持っていくとしたら

 

 

「修身教授録」

 

 

だとおっしゃいます。(^^)

 

 

 

本書は

 

 

第一部

 

 

「人間と生まれて」

 

「人生の始終」

 

「読書」

 

「人と禽獣と異なるゆえん」

 

「誠」

 

「死生の問題」等

 

40講

 

 

 

第二部

 

 

「人生二度なし」

 

「伝記を読む時期」

 

「下座行」

 

「最善観」

 

「二種の苦労人」

 

「教育と礼」

 

「一日の意味」等

 

39講

 

 

 

全79講

 

 

が収められています。

 

 

 

1講、約15分程度で読めます。

 

 

タイトルを見ると読みたくなりませんか?(^^)

 

 

 

 

数年前に

 

論語の師の名古屋のSさんが

 

 

「修身教授録」

 

毎日、1講ずつ読み

 

全講、読み終えたら

 

また、

 

最初から毎日、1講ずつ読み直し、

 

 

何度も繰り返し読み続けていると

 

 

Uさんから聞きました。

 

 

 

これは良いことを聞いたと思い

 

自分も真似をしましたが

 

1周半ぐらいで終わってしまいました。( TДT)

 

 

 

このブログを機会にまた再開します!( ̄ー ̄)

 

 

 

もう少し

 

森信三先生のことは取り上げたいと

 

思いますので後日に!(^^)

 

 

 

 

いつも長原整骨院のブログを

 

ご覧いただきまして

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

臨時休診のお知らせ

 

「年末年始について」

    

 

年内は30日(水)の

12:00までの受付です。  

 

休診 

12/31(木)~  1/4(月)

 

 

新年は  1/5(火)より

通常通りの受付です。