· 

世界文化遺産

No. 105

 

令和元年5月17日(金)  晴れ

 

 

 

 

 

 

今週の月曜日

 

 

『仁徳天皇陵 』を含む

 

 

大阪府南部の

 

 

「百舌鳥・古市(もず・ふるいち)古墳群」

 

 

ユネスコの諮問機関が

 

世界文化遺産に登録するよう

 

 

勧告したとのニュースがありました。 (^^)

 

 

 

 

地元の皆様や

 

世界文化遺産の登録に

 

尽力された関係各位にとっては

 

たいへん名誉のあることで

 

喜ばしいことだと思います。

 

 

おめでとうございます。 m(__)m

 

 

観光客が増加することも考えられますし

 

地元の経済活性化にも繋がり

 

いろんな意味で笑顔になる人が増えることを

 

切に願います。 (^^)

 

 

古墳群は

 

 

四世紀後半から

 

五世紀後半までに

 

築造された四十九基で構成されていて

 

上空から撮った映像では

 

大小いろんな古墳があって壮大です。

 

 

 

 

 

私の地元にも

 

御勝山(おかちやま)古墳

 

という

 

「前方後円古墳」

 

があるのですが

 

 

当然、

 

立ち入り禁止ですし

 

周りは柵に覆われていて

 

目にすることが可能なのは樹木だけです。(^^)

 

 

 

 

高い所から見れたら良いですが、

 

そういった所はありません。(T_T)

 

 

今回、

 

世界文化遺産に認定される

 

 

『仁徳天皇陵 』を含む

 

 

「百舌鳥・古市(もず・ふるいち)古墳群」

 

 

上空から見れれば良いですが

 

 

結構な住宅密集地で

 

高い建物もないし、

 

これから建てるスペースもありません。

 

 

「気球を飛ばしたら?」

 

 

とも思いましたが

 

スペース的にも厳しそうですし

 

ドローンすら飛ばすことも

 

 

”古墳”

 

”陵墓”

 

 

という性質上

 

認められないのではないでしょうか?

 

 

 

勿論、

 

宮内庁が古墳内に入ることを許可するとは

 

到底思えません。 (*_*)

 

 

近づくことすら厳しいと感じてしまいます。

 

 

 

 

古墳を横から観たらただの森です。

 

(T_T)

 

 

 

 

”世界文化遺産認定”

 

 

という称号を得ても

 

その辺りが今後の課題になるのかなと

 

個人的には思っています。  (*_*)

 

 

 

 

 

何はともあれ

 

 

”世界文化遺産認定” 

 

 

 

地元の経済活性化にも繋がり

 

 

 

”喜ぶ人”

 

 

”笑顔になる人”

 

 

”幸せになる人”

 

 

 

が増えれば何の問題もありません。 (^^)

 

 

 

いつも長原整骨院のブログを

 

ご覧いただきまして

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

臨時休診のお知らせ

 

「年末年始について」

    

 

年内は30日(水)の

12:00までの受付です。  

 

休診 

12/31(木)~  1/4(月)

 

 

新年は  1/5(火)より

通常通りの受付です。