· 

一冊の本の力

No. 109

 

令和元年5月23日(木) 晴れ

 

 

 

 

前回の続きです。(^^)

 

 

 

 

喜多川泰さんの

 

 

「One World」

 

 

をご紹介していました。

 

 

 

9つの短編がおさめられていて

 

まるで長編小説のように

 

繋がっている作品です。

 

 

 

喜多川泰さんの作品は

 

全て購読していますが

 

 

どれも本当に素晴らしいものばかりで

 

どの作品もオススメです。

 

 

 

その中でも

 

 

「One World」

 

 

は特に好きな作品のひとつです。

 

(^^)

 

 

 

前回、

 

 

「挿し絵」

 

 

「添えられた言葉」

 

 

ご紹介しましたが

 

 

それを見るだけで

 

ワクワクした気持ちになり

 

早く読みたいと思われた方も

 

いらっしゃったのではないでしょうか?

 

(⌒‐⌒)

 

 

喜多川泰さんはよく

 

 

「一冊の本には人生を変える力がある」

 

 

とおっしゃっいます。

 

 

 

私もこの本を読んで

 

考え方が

 

ガラッと変わったことがありました。(^^)

 

 

恥ずかしながら

 

今回は

 

そのことを少しだけ (^^)

 

 

 

私は以前から

 

 

 

「募金」

 

 

とか

 

 

「掃除活動」

 

 

といった

 

 

”ボランティア活動”

 

 

に少し抵抗感がありました。

 

 

 

それは何か

 

偽善者のように思われるのが

 

とてもイヤで

 

 

以前にご紹介した

 

鍵山さんの本を読んでも

 

 

そういった活動は

 

積極的にやるぺきだとは

 

頭では理解できるのですが

 

 

完全に受け入れることの出来ない

 

自分がいました。

 

 

「偽善に思われるのがイヤ」

 

 

ということは

 

 

 

恥ずかしながら

 

 

慈善活動をしている人を

 

 

無意識に

 

 

そういった目で

 

見ている自分が

 

いるのかもわかりません。(T_T)

 

 

正直、

 

自分でもよくわかりません。(>_<)

 

 

 

ただ、

 

この「One World」の中の

 

ひとつの物語を読んで

 

考え方がガラッと変わりました。

 

(^o^)

 

 

毎朝、

 

院前を掃除していますが

 

 

この本を読んでからは

 

院前だけではなく

 

 

院の周りを

 

なるべく広く

 

掃除するようになりました!(^^)

 

 

それも何の抵抗感もなく

 

むしろ晴々した気持ちで!(⌒‐⌒)

 

 

 

私がどの物語を読んで

 

そういう気持ちになったか

 

この本を読んだ人なら

 

すぐにわかると思います。(^^)

 

 

その他にも

 

素晴らしいお話ばかりで

 

 

”9つの物語”

 

がどう繋がっていくのか?

 

 

 

まだお読みでない方は

 

是非とも

 

 

「喜多川ワールド」

 

 

をお楽しみ下さい。(^o^)

 

 

 

「一冊の本には人生を変える力がある」

 

(^^)

 

 

いつも長原整骨院のブログを

 

ご覧いただきまして

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

臨時休診のお知らせ

 

現在、

 

臨時休診はありません