· 

百年前も

No. 115

 

令和元年5月31日(金) 曇り

 

 

 

 

今週、

 

アメリカのトランプ大統領が

 

来日したニュースが

 

多く取り上げられてましたね。(^^)

 

 

 

ゴルフに相撲、

 

炉端焼き屋さん等々

 

 

報道も多かったですが

 

嵐のように去って行きました。(^^)

 

 

 

 

この連日の報道で

 

少し前に読んだ

 

「致知」の記事を

 

思い出しました。(^^)

 

 

 

「致知」 2019年5月号

 

 

 

「禅語に学ぶ」

 

より

 

 

臨済宗円覚寺派管長

 

横田南嶺さん

 

 

 

新幹線の中で本を読んでいて、

 

興味深い一文をメモに書き留めたそうです。 (^^)

 

 

 

「アメリカ合衆国から

 

自分第一(ファースト)という

 

個人主義が輸入されて

 

恐ろしい勢いで跋扈しはじめた。

 

 

この思想の勢いは

 

防止することはできない。

 

 

ナニモ個人主義

 

カニモ個人主義と

 

いちいち自己を中心にして割り出す。

 

 

これが高じてくると

 

危険思想にもなるのです」

 

 

 

この文章は

 

 

実は

 

百年前に刊行された本にある

 

文章だそうです。(^^)

 

 

 

著者は

 

当時の円覚寺管長

 

釈宗演老師

 

大正八年(1919年)に

 

出版された本の文章です。

 

 

 

横田南嶺さんは

 

 

「百年前も今も、

 

進歩しているように見えて、

 

あまり変わらない部分もあるのだろう。」

 

 

 

とおっしゃいます。(^^)

 

 

 

仏教では、

 

「無我」の教えを説きます。

 

 

 

 

「諸法無我」とも言い、

 

「諸行無常」と共に

 

仏教の最も基本的な教えだそうです。

 

 

 

 

「諸行無常」は、

 

 

すべてのものはうつろいてゆくのであって

 

一時もおなじ状態であることはない

 

 

と言います。

 

 

 

比較的理解しやすいかもわかりませんが

 

頭で理解しているようでも、

 

実体験として

 

納得することは容易ではありません。 (>_<)

 

 

 

「無我」は、

 

もっと難しく

 

 

「無我夢中」

 

というのとは意味が異なります。 (>_<)

 

 

 

「諸法無我」

 

 

仏教の平易な言葉で訳すと

 

 

 

「この世にあるものひとりあらず」

 

 

になるらしいです。 ( ̄ー ̄)

 

 

 

この世に生きているのは、

 

決して自分一人で存在しているのではなく、

 

 

両親や周りの人々

 

食べ物、太陽の光、

 

空気や水があるおかげです。 (⌒‐⌒)

 

 

 

 

釈宗演老師は

 

 

 

「自分第一(ファースト)」

 

 

という思想に対して

 

 

 

 

『感恩の精神』

 

(おかげさまと恩に感ずること)

 

 

 

が大事だと説かれています。

 

 

 

「おかげさま」 

 

平易な言葉であるが、

 

奥が深い。

 

 

 

私の命を支えて下さっている

 

 

「かげ」 

 

 

「お」 

 

 

「さま」 

 

 

付けて

 

最高の敬意を表している。

 

 

 

また言葉の響きもよろしく、

 

 

「おかげさま」

 

 

というだけで、

 

お互いに

 

穏やかな気持ちになれる。

 

 

 

とあります。 (^^)

 

 

 

おかげさまで

 

今月も無事ブログが書けました。 (^○^)

 

 

 

いつも長原整骨院のブログを

 

ご覧いただきまして

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

臨時休診のお知らせ

 

「年末年始について」

    

 

年内は30日(水)の

12:00までの受付です。  

 

休診 

12/31(木)~  1/4(月)

 

 

新年は  1/5(火)より

通常通りの受付です。