· 

本を守ろうとする猫の話

 

No. 123

 

令和元年6月12日(水) 曇り

 

 

 

今回は

 

読書と猫が好きな人に

 

本のご紹介です。 (^^)

 

 

 

「本を守ろうとする猫の話」

 

 

 

 

著者は

 

夏川 草介(なつかわ そうすけ)さん

 

 

 

1978年大阪府生まれ

 

 

信州大学医学部卒

 

長野県の病院にて地域医療に従事

 

 

2009年『神様のカルテ』

 

第十回小学館文庫小説賞を受賞しデビュー

 

 

帯には

 

お前はただの物知りになりたいのか?

 

 

 

裏表紙の帯には

 

 

お金の話はやめて、

 

今日読んだ本の話をしよう。

 

 

とあります。(^^)

 

 

 

ネタバレしない程度に

 

どんなお話か簡単に (^^)

 

 

 

 

主人公の高校生は「書店」を営む祖父と二人暮らし。

 

 

その祖父が突然亡くなり、

 

店をたたもうとしていた時、

 

店の奥で

 

人間の言葉を話す猫と出会います。

 

 

その猫は、

 

本を愛することができない

 

“敵"から、

 

本を助け出すために、

 

主人公に協力を求める。

 

 

 

といった内容です。 (^^)

 

 

 

この説明ではよくわからないですよね

 

スミマセン m(__)m

 

 

 

この本を読んだ率直な感想は

 

 

作者の夏川草介さんは

 

本が好きで、

 

猫が好きな人だろうなあ

 

と感じました。 (^^)

 

 

 

読み進めると、

 

「星の王子様」

 

「注文の多い料理店」を読んだ人なら、

 

思わずニヤリとしてしまうところもあります。 (^^)

 

 

 

 

 

主人公の名前は

 

 

「夏目林太郎」

 

 

夏目漱石と森鴎外を連想させます。

 

 

 

 

 

今回、

 

夏川さんの作品は初めて読みました。

 

 

 

ペンネームも

 

夏目漱石+川端康成+『草枕』+芥川龍之介に

 

 

因んだものらしいですね。(^^)

 

 

 

 

 

この本は

 

伊丹市のブックランドフレンズさんの

 

こんぶ店長に薦められて購読しました。

 

 

 

自分では

 

まず選ばない本です。 (>_<)

 

 

 

 

 

本書の気になる言葉を少しだけ  (^^)

 

 

 

「ただがむしゃらに本を読めば、

 

その分だけ見える世界が

 

広がるわけではない。

 

 

どれほど多くの知識を詰め込んでも、

 

お前が自身の頭で考え、

 

自分の足で歩かなければ、

 

すべては空虚の借り物でしかない。」

 

 

 

 

 

「読むのはよい。

 

 

けれども読み終えたら、

 

次は歩き出す時間だ。」

 

 

 

 

 

「”人を思う心”

 

それを教えてくれる力が本の力」

 

 

 

 

我が家の虎太郎(コタロウ)も

 

しゃべらないかな? (^^)

 

 

 

 

いつも長原整骨院のブログを

 

ご覧いただきまして

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

臨時休診のお知らせ

 

現在

 

臨時休診はありません。