· 

桜風堂ものがたり

No. 124

 

令和元年6月13日(木) 晴れ

 

 

 

 

今回も

 

前回に続き

 

 

ブックランドブレンズの店主

 

こんぶさんから

 

 

お薦めのされた本をご紹介 (^^)

 

 

桜風堂ものがたり

 

 

著者は

 

 

村山早紀さん

 

 

 

 

1963年長崎県生まれ

 

 

『ちいさいえりちゃん』で

 

毎日童話新人賞最優秀賞

 

第4回椋鳩十児童文学賞を受賞

 

 

ストーリーを簡単に (^^)

 

万引き事件がきっかけで

 

長年勤めた書店を辞めることになった青年。

 

 

しかしある町で訪れた書店で、

 

思いがけない出会いがあり

 

 

本に関する全ての人がつながり

 

成長していく心温まる物語です。

 

 

 

本好きなら是非とも読んで欲しい作品です。

 

 

書店員さんの凄さ、大変さがよくわかります。(^^)

 



今まで

 

作者やレビューを気にしたことはありますが、

 

書店員さんのことを気にしたことはありません。

 

 

この本を読むと

 

書店員さんの苦労、工夫がよくわかります。

 

 

 

お客さんの層や売れ筋、

 

自分が売りたい本などを考えて

 

レイアウトしているなんて

 

 

町の個人の本屋さんなら

 

まだ理解できますが

 

 

大型書店でも

 

そういった工夫をされているとは

 

知りませんでした。

 

 

大型書店の店員さんは

 

単純に

 

ただ本を並べてるだけと思っていました。

 

 

すみません。 m(__)m

 

 

 

今度、

 

本屋に行った時の

 

楽しみ方が増えました。(^^)

 

 

 

 

裏表紙の帯にある

 

 

涙は流れるかもしれない。

 

けれど悲しい涙ではありません

 

 

 

本書の中で

 

 

主人公が売り出したい本のPOP広告です。

 

 

 

この作品

 

 

「桜風堂ものがたり」 

 

 

本屋さんを応援したくなる本で

 


本屋さんの

 

苦労、努力、工夫、喜びが

 

よく理解できます。

 

 

 

前回のブログでご紹介した

 

 

「本を守ろうとする猫の話」

 

 

 

と一緒に

 

ブックランドフレンズさんで購入しましたので

 

 

読み終えた感想を

 

こんぶさんに聞かれました。

 

 

 

「”桜風堂ものがたり”の方が良かったかな?」 

 

 

と伝えると

 

 

「えー!意外!」

 

 

と言われてしまいました。 ( ; ゜Д゜)

 

 

 

どういうことやねん!

 

何が意外やねん!

 

(# ̄З ̄)

 

 

と激しく突っ込みましたが・・・

 

 

 

 

町の本屋さんが

 

段々と少なくなってきています。

 

 

お急ぎの場合は

 

アマゾン等のインターネットでもしょうがありませんが

 

 

そうでなければ

 

なるべく町の本屋さんで買いましょう!

 

 

近くに本屋さんがない人は

 

伊丹市のブックランドフレンズさんで買いましょう!

 

郵送もしてくれます。

 

 

 

この場合は

 

ネット販売とは違うとのご理解で (^^)

 

 

 

 

いつも長原整骨院のブログを

 

ご覧いただきまして

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

 

ブックランドフレンズ

〒664-0846
兵庫県伊丹市伊丹2丁目5-10 アリオ2

072-777-1200

平日:6:30~21:30
土日祝:9:30~21:30
(年中無休)

 

臨時休診のお知らせ

 

現在

 

臨時休診はありません。