· 

妖怪アパート

No. 125

 

令和元年6月14日(金) 曇り

 

 

 

 

前回、

 

前々回と

 

 

ブックランドブレンズの店主

 

こんぶさんから

 

お薦めしていただいた本をご紹介しました。

 

 

こんぶさんセレクト三連発です。(^^)

 

 

 

今回も

 

こんぶさんのお薦め本をご紹介します。(^^)

 

 

 

『妖怪アパートの幽雅な日常』

 

 

 

作者は

 

 

香月日輪さん

 

 

 

和歌山県生まれ

 

『ワルガキ、幽霊にびびる!』で作家デビューし、

同作品で日本児童文学者協会新人賞を受賞。


『妖怪アパートの幽雅な日常①』で

産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞

 

こんぶさんに

 

「中学生の男の子にお薦めの本を教えて!」

 

と言って出て来たのがこの本です。

 

 

 

プレゼントに考えていましたので

 

 

まずどんな内容か

 

確認する為に読んだらハマリました。(^^)

 

 

文庫本で

 

全10巻買って読みました。(^^)

 

 

 

ストーリーを簡単に (^^)

 

 

 

中学生の時に、

 

 

交通事故で両親を亡くし

 

伯父の家で暮らしている

 

主人公の少年が

 

高校進学を機に下宿住まいを始めます。

 

 

 

その下宿先は

 

 

”妖怪アパート”

 

 

と呼ばれる物件で

 

次々と目の当たりにする

 

 

「非日常」を前に

 

 

今までの

 

 

常識知識は砕け散り

 

 

日々、

 

いろんな出来事と

 

様々な人たち(?)と

 

生活を送ることになる。

 

 

 

といったお話です。(^^)

 

 

 

中高生が読めば

 

為になる事が

 

たくさん書かれています。

 

 

大人になった今だから

 

わかるのかもわかりません。(^^)

 

 

 

気になるワードを少し

 

 

 

「君の人生は長く、

 

世界は果てしなく広い。

 

肩の力を抜いていこう」

 

 

 

「今は悪くても、

 

いい時代は必ず来る。

 

すべての歴史は

 

その繰り返しだ」

 

 

 

 

数年前に紹介してもらい

 

読んだ直後の感想は

 

 

「アニメになったら面白そうだな!」

 

 

と思っていたら

 

すでになっていました。 (^^)

 

 

 

深夜に放送しているのを

 

見ましたが (((;゜Д゜)))

 

 

 

個人の好みの問題ですね (^^)

 

 

 

いつも長原整骨院のブログを

 

ご覧いただきまして

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

臨時休診のお知らせ

 

現在

 

臨時休診はありません。