· 

五常訓

No. 126

 

令和元年6月17日(月)  晴れ

 

 

 

 

少し前に

 

論語の師・名古屋のSさんから

 

 

 

伊達正宗の

 

 

「五常訓」

 

 

を教えていただきました。(^^)

 

 

 

儒教では

人が守るべき五つの項目として

五徳があります。

 

簡単に解説すると

 

仁 (思いやりや優しさ、人を慈しむ心)

義 (自分の利益にとらわれず正しい行いをして筋を通す事)

礼 (礼儀作法や相手に対する敬意)

智 (知識や経験で積み、正しい判断を下すこと。洞察力)

信 (人を信頼し、誠実である事)

 

 

といった感じになり

 

これらを意識することが

重要ということになります。

 

以前のブログで(No. 78)

 

 

五倫についても書かせていただきました。

 

合わせて読んでいただけたら幸いです。

 

 

(まだリンクの仕方をわかっていませんのでご了承下さい。)

 

m(__)m

 

 

伊達正宗が

 

自身の経験を踏まえて

 

五徳は大事でも、

全てが行き過ぎてしまうと害になる

という独自の視点から

 

 

「五常訓」

として次のように表しています。

 

 

 

仁に過ぎれば 弱くなる

 

(人を大切にし過ぎれば、相手のためにならない。)

 

 

 

義に過ぎれば 固くなる

 

(正義わ振りかざすと、融通がきかなくなる。)

 

 

 

礼に過ぎれば へつらいとなる

 

(礼儀正しさも過ぎれば、相手に対する嫌味になる。)

 

 

 

智に過ぎれば 嘘をつく

 

(頭が良すぎると 平気で嘘をつくようになる。)

 

 

 

信に過ぎれば 損をする

 

(他人を信じ過ぎると 損をする。)

 

 

 

五徳は常に意識しないといけませんが

それも時と場合による

という事も同時に覚えておかなくては

いけませんね。(^^)

 

 

 

仁の心を持って

相手のことを思いやっていては

戦(いくさ)にはなりません。 (>_<)

 

そして五常訓には続きがありますが

続きは次回に! ( ̄ー ̄)

 

いつも長原整骨院のブログを

 

ご覧いただきまして

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

臨時休診のお知らせ

 

「年末年始について」

    

 

年内は30日(水)の

12:00までの受付です。  

 

休診 

12/31(木)~  1/4(月)

 

 

新年は  1/5(火)より

通常通りの受付です。