· 

サムライカアサン

No. 133

 

令和元年6月26日(水) 晴れ

 

 

 

 

前回まで

 

数回にわたって

 

 

森信三先生の

 

 

「哲学三部作」

 

 

と呼ばれる本を

 

ご紹介しましたが

 

 

森信三先生の本は

 

難しいものばかりではなく

 

 

わかりやすいものも

 

たくさんあります。(^^)

 

 

 

「修身教授録」

 

 

「真理は現実のただ中にあり」

 

 

などは 

 

講演録になってますので

 

 

最初はこういった本から

 

読まれたら良いと思います。

 

 

今回は前回までとは違い

 

読みやすいものをご紹介 (^^)

 

 

「サムライカアサン」

 

作者は

 

板羽 皆(いたば みな)さん

 

 

 

当院の待合室に置いている

 

数少ないマンガの本です。(^^)

 

 

 

少し前にご紹介した

 

 

「本を守ろうとする猫の話」(No.123)

 

 

「桜風堂ものがたり」(No.124)

 

 

と一緒に

 

伊丹のブックランドフレンズさんの

 

こんぶさんにオススメされて

 

 

買わされた、

 

いや

 

買った本です。(^^)

 

 

 

この本の存在すら知りませんでしたので

 

まず

 

自分では絶対に手にしない本です。(^^)

 

 

 

どんなお話かというと

 

 

関西のお母さん

 

いわゆるオカンの家族愛、

 

特に反抗期の息子への愛情が溢れているお話です。

 

 

家族においしいごはんを食べさせることこそ

 

母親の喜びと

 

つっ走りすぎオカンの物語です。

 

反抗期の息子にうっとうしがられても

 

全然めげません。

 

心温まるエピソードがたくさん収められています。

 

 

 

時に優しく、時に厳しいオカンが

 

息子に愛情を注ぐことにいつでも全力です。

 


こんな風に

 

自分の信念に従って

 

子供を純粋に愛することができるのは

 

まさにサムライカアサンです。(^^)

 

 

 

関東の人にも

 

受け入れられているのかは

 

少し疑問ですが・・・

 

 

たまには

 

マンガを読むのも良いかも?

 

です。(^o^)

 

 

 

 

いつも長原整骨院のブログを

 

ご覧いただきまして

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

臨時休診のお知らせ

 

現在、

 

臨時休診はありません