· 

引退

No. 135

 

令和元年6月28日(金)   曇り


 

 

 

日本のプロレス界で

 

長年にわたって活躍していた

 

 

長州力さん

 

 

令和元年6月26日(水)

 

「格闘技の聖地」と呼ばれる

 

東京・後楽園ホールで引退試合を行い、

 

プロレスラー人生の幕を閉じました。

 

 

年齢はなんと67歳!(^^)

 

 

試合直後、

 

長州さんはリング上で

 

 

 

「もう私はここまでです。

 

家族のもとに帰ります。

 

本当にありがとうございました」

 

 

と語り、

 

 

「これからは若い選手たちを

 

みなさんの声援で

 

リングに押し上げてください」

 

 

と呼びかけました。

 

 

 

満員の会場から

 

「ありがとう」

 

の大歓声に包まれながら

 

リングに別れを告げました。 (^^)

 

 

 

レスリング時代の後輩である

 

現職の国会議員の

 

馳浩さん

 

かけつけていました。(^^)

 

 

長州力さん

 

大好きでした!

 

 

私が子供の頃は

 

ゴールデンタイムで

 

テレビで放映されていました。

 

 

私の中の

 

長州さんのイメージは

 

 

この時代ですね。

 

 

入場曲の「パワーホール」も格好良く、

 

耳から離れません。(^o^)

 

 

 

「藤波、俺はお前の噛ませ犬じゃない」

 

 

という発言が有名ですが

 

実際に発した言葉はちょっと違います。

 

 

 

(入場の際に)

 

「なんでオレがオマエの前を歩かなきゃいけないんだ、

 

なんでオレがオマエの前にコールされなきゃいけないんだ」

 

 

 

 

です。(^^)

 

 

 

格下が先に入場し

 

先にリングアナウンサーに紹介されるのが

 

業界の慣わしであるのに

 

メキシコで当時実力No.1のカネックを破り、

 

UWA世界ヘビー級王座を奪取してきた

 

長州さんは納得できなかったからの発言です。

 

 

 

「噛ませ犬」という言葉は、

 

長州さんが雑誌『ビッグ・レスラー』1982年12月号の

 

単独インタビューの中で

 

初めて使った”たとえ”であって

 

 

その後、

 

当時『ワールドプロレスリング』のアナウンサーだった

 

古舘伊知郎さん

 

実況中継の中で同フレーズを多用したのが

 

浸透していったと思われます。(^^)

 

 

 

長い間、お疲れ様でした。

 

 

もう、カンバックしないかな (^^)

 

 

 

いつも長原整骨院のブログを

 

ご覧いただきまして

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

臨時休診のお知らせ

 

現在

 

臨時休診はありません。