· 

劣後順位

No. 150

 

令和元年8月29日(木)曇り

 

 

先日、

 

論語の師・名古屋のSさんから

 

劣後順位の重要性を教えて頂きました。

 

 

簡単に説明すると

 

”やらないことを決める”

 

という感じでしょうか? (^^)

 

 

 

優先順位は

 

 

重要度及び作業の手順に従って

 

作業を行うべき順序を決めることです。

 

 

 

優先順位のみで作業を進めていくと

 

やるべき事がどんどん増えていき

 

時間がいくら有っても足りなくなってしまいます。

 

 

そこでやるべき事がひとつ増えたら

 

やらない事をひとつ決め

 

 

「断捨離すべし!」 と、

 

 

分かり易くおっしゃいます。

 

 

 

やるべき事が増えたら

 

 

「1増1減」

 

 

ぐらいの気持ちで丁度良いそうです。

 

 

 

仕事も含め、

 

いろんな作業を進める上で

 

 

「何をするか?」

 

 

よりも

 

 

「何をやらないのか?」

 

 

を決めることが重要だと考えられます。

 

 

出来るだけ無駄な作業をしないということは

 

決められた期間に物事を進める上で

 

とても重要だと理解できます。

 

 

1日24時間は決まっていますので (^^)

 

 

 

劣後順位のことを考えていると

 

以前に読んだ本の中に

 

 

「そう言えば、そんな内容のことが

 

記載されているのがあったよな?」

 

 

と思っていましたが

 

中々思い出せません。(T_T)

 

 

 

しかし、ようやく思い出しました。

 

 

この本です。

 

 

 

経営者の条件

 

ピーター.F.ドラッガー 

 

 

我ながら

 

よく思い出したな  (^^)

 

 

こんな記載があります。 

 

 

 

 

本当に行うべきことは優先順位の決定ではない。

 

優先順位の決定は比較的容易である。

 

 

集中できるものがあまりに少ないのは、

 

劣後順位の決定、

 


すなわち取り組むべきでない仕事の決定と

 

その決定の遵守が至難だからである。

 

 

 

(中略)

 

 


劣後順位第一位を決定することは、

 

楽しいことではない。 


誰かにとってはそれが

 

優先順位第一位であるに違いないからである。

 

 

優先事項を列挙し、

 

そのすべてに少しずつ手をつけることによって

 

弁解の余地をつくっておくほうがはるかに容易である。

 

 

みなを満足させられる。

 

もちろんこの方法の唯一の欠点は、

 

何事もなされないという結果に終わることである。     

 

 

((((;゜Д゜)))  表現が結構キツイ!


 

 

劣後順位で

 

”やらないこと”を決め

 

無駄なことを省き

 

 

優先順位で

 

”やるべきこと”を

 

見極めることが重要です。( ̄ー ̄)

 

 

いつも長原整骨院のブログを

 

ご覧いただきまして

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

 

臨時休診のお知らせ

 

「年末年始について」

    

 

年内は30日(水)の

12:00までの受付です。  

 

休診 

12/31(木)~  1/4(月)

 

 

新年は  1/5(火)より

通常通りの受付です。