· 

易経

 

No. 157

 

令和元年9月13日(金)雨

 

 

 

前回、前々回と

 

 

”志(こころざし)”

 

 

について

 

書かれた本をご紹介しましたが

 

 

”志”について

 

考えると

 

 

”易経”

 

 

のことが頭に浮かびました。

 

 

 

「四書五経」

 

 

の一つに挙げられ

 

帝王学の書として

 

読み継がれている

 

中國最古の思想哲学の書です。

 

 

決して占いの本ではありません。(^^)

 

 

 

時の流れをみる本で

 

自然に学び

 

 

”時の兆しの専門書”

 

 

っていう感じですね。(^^)

 

 

 

変化の法則、道理が書かれていて

 

 

英語では

 

 

”The Book of Changes"

 

 

”変化の書”

 

 

と呼ばれています。

 

 

 

難しいイメージのある易経ですが

 

 

分かり易く解説している本があります。

 

 

リーダーの易経

 

 

著者は

 

 

竹村亞希子さん

 

 

 

「易経には何が書かれているのですか?」

 

 

と聞かれたなら

 

 

「春の次には夏が来て、

 

夏の次には秋が来て、

 

冬が来て、

 

また新たな春が来ると書いてありますよ」

 

 

と答えているそうです。(^^)

 

 

 

 

”易経”には

 

 

64種類"時"が書かれていて

 

それぞれの時のテーマと変換過程を

 

6段階で示しています。

 

 

1つの時

 

起承転結で語られた

 

1つの物語と考えればよく

 

 

”64の時”の中で

 

最も原理原則的な時の返還をたどる

 

 

”龍”の話が

 

 

「乾為天(けんいてん)」

 

 

という卦(け)

 

一番最初に書かれている話です。(^^)

 

 

 

 

乾為天

 

 

龍伝説

 

にたとえて書かれています。

 

 

 

地に潜んでいて龍が力をつけ

 

飛龍になって勢いよく昇り、

 

そして降り龍になるという

 

 

龍の成長になぞられて、

 

 

栄枯盛衰の変遷過程を

 

教えています。

 

 

 

人生や、会社組織、

 

ある一つのプロジェクト、

 

技能の習得など、

 

 

あらゆる物事に通じる

 

原理原則として読むことができると

 

 

竹村さんはおっしゃいます。

 

 

 

「リーダーの易経」

 

 

最初に読んだのが

 

10年以上前になりますが

 

その時は正直

 

あまりよく理解できませんでした。

 

 

しかし、

 

数年前に”易経”に触れる機会があり

 

再度、

 

読み返してみると

 

自分の課題が浮き彫りになりました。

 

 

おそるべし、易経!  ( ̄ー ̄)

 

 

 

少し、興味が沸き

 

さらに

 

同じような竹村さんの本を

 

買い求めました。

 

 

時の変化の道理を学ぶ

 

リーダーのための易経の読み方

 

 

 

リーダーの易経

 

「兆し」を察知する力をきたえる

 

 

 

読んでみてビックリ! (>_<)

 

 

 

 

2冊とも

 

最初に読んだ

 

 

「リーダーの易経」

 

 

”一部改訂及び加筆版”

 

でした。 (°Д°)

 

 

 

だから

 

書かれている内容は

 

ほとんど同じです。(T_T)

  

 

ご購入の際はご注意を! (^^)

 

 

 

続きは次回にお伝えします。

 

 

 

いつも長原整骨院のブログを

 

ご覧いただきまして

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

臨時休診のお知らせ

 

「年末年始について」

    

 

年内は30日(水)の

12:00までの受付です。  

 

休診 

12/31(木)~  1/4(月)

 

 

新年は  1/5(火)より

通常通りの受付です。