· 

One Team

 

No. 170

 

 

 

令和元年10月21日(月)  曇り

 

 

 

 

 

昨夜は日本中、

 

 

 

いや、

 

 

 

世界中が注目したのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

ラグビーワールドカップの決勝トーナメント

 

 

 

残念ながら

 

 

 

南アフリカには敗れてしまいましたが

 

 

 

勇気づけられた方も

 

 

 

多かったのではないでしょうか?(⌒‐⌒)

 

 

 

 

 

ワールドカップが始まる前は

 

 

 

オリンピックやサッカーと違い

 

 

 

日本代表に海外出身の選手がいることに

 

 

 

違和感を感じる方がいるのも

 

 

 

ある程度はしょうがないかな?

 

 

 

とも思っていました。 (>_<)

 

 

 

 

 

 

 

事実、

 

 

 

トンガ、サモア、韓国、ニュージーランド、

 

 

 

南アフリカ、オーストラリア出身の選手が

 

 

 

所属していました。

 

 

 

 

 

 

 

しかし

 

 

 

試合前の選手たちの

 

 

 

「君が代」斉唱

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

献身的なプレーの数々に

 

 

 

否定的な意見は

 

 

 

ほとんど出なくなったのではないでしょうか?

 

 

 

(^^)

 

 

 

 

 

 

 

本当に

 

 

 

『One Team』

 

 

 

体現してくれました!(^o^)

 

 

 

 

 

 

 

個人的には

 

 

 

今回のラグビーワールドカップでの

 

 

 

日本代表の戦いぶりに

 

 

 

今後の日本の

 

 

 

『国家』としての進むべき道のひとつを

 

 

 

示してくれたように感じます。( ̄ー ̄)

 

 

 

 

 

 

 

現在、

 

 

 

日本では医療や介護の分野で

 

 

 

海外からの人材を積極的に

 

 

 

受け入れようとしています。

 

 

 

 

 

政府は他の分野でも同様に

 

 

 

受け入れようとしています。

 

 

 

 

 

日本の人口が減少する中で

 

 

 

選択肢のひとつになることは否定出来ません。(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

実際、

 

 

 

観光客も含め

 

 

 

海外出身の人が今まで以上に増加する中で

 

 

 

今回のラグビーワールドカップでの

 

 

 

日本代表の『One Team』の精神は

 

 

 

非常に重要なのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

国籍や肌や髪の毛の色、

 

 

 

産まれた地域や育った環境等々を

 

 

 

越えたものが必要になると思っています。( ̄ー ̄)

 

 

 

 

 

そんなことを考えいると

 

 

 

ザ・ブルーハーツの

 

 

 

『青空』の一節が浮かんで来ました。(^^)

 

 

 

 

 

 

 

♪ 生まれたところや皮膚や目の色で

 

 

 

いったいこの僕の何がわかるのというのだろう  

 

 

 

 

 

 

 

ところで

 

 

 

ジョセフHCが

 

 

 

 

 

時々、
滑舌悪い芸人の諸見里くんに見えるのは

 

 

 

私だけでしょうか? ( ̄ー ̄)

 

 

 

いつも長原整骨院のブログを

 

 

 

ご覧いただきまして

 

 

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

 

臨時休診のお知らせ

 

現在、

 

臨時休診はありません