· 

そもさん!せっぱ!

No. 173

 

令和元年10月28日(月)晴れ

 

 

 

 

前回、

 

白隠禅師の

 

 

「軟酥の法」

 

 

を書かせていただきました。m(__)m

 

 

 

今回はもう少し

 

白隠禅師について (^^)

 

 

 

臨済宗・中興の祖と呼ばれ

 

弟子や庶民に分かり易く教えを伝えました。

 

 

生涯に36回悟りを開いたと自称し

 

 

「大悟18度、小吾数知れず」

 

 

と語っておられます。(^^)

 

 

 

”悟り”後の修行を重視し

 

特に公案を重視しました。

 

 

 

公案とは禅問答のことで

 

 

 

「そもさん!」

 

 

「せっぱ!」

 

 

 

どこかで聞いたことある方も

 

多いのではないでしょうか? (^^)

 

 

 

漢字では

 

 

「作麼生」(そもさん)

 

 

「説破」(せっぱ)

 

 

と書きます。

 

 

 

私の場合は

 

 

アニメ「一休さん」を思い出します。(^^)

 

そもさん!」

 

説いてみせよ!

 

 

「せっぱ!」

 

説いてみせますよ!

 

 

という感じですね。(^^)

 

 

 

 

有名な公案として

 

 

『隻手音声』(せきしゅおんじょう)

 

 

「両掌相打って声あり、隻手に何の音声あり」

 

 

両手を打つと"パン!"と音が鳴るが

 

片手ではどんな音が鳴るか? 

 

(^^)

 

 

 

 

 

禅宗には大きく分けて

 

2つの流れがあります。

 

 

「臨済宗」「曹洞宗」です。

 

 

 

公案を重視し、

 

公案を考え尽くすことにより

 

悟りに近づこうとする

 

看話禅(かんなぜん)

 

 

 

座禅を仏の姿そのものと考えて

 

座禅をすることに徹する

 

黙照禅(もくしょうぜん)

 

 

 

 

"公案の臨済宗"

 

 

"座禅の曹洞宗"

 

 

と呼ばれています。(^^)

 

 

 

白隠禅師の生涯は紆余曲折で

 

仏を求めて仏に迷い

 

数々の逸話があります。

 

 

「もらい乳」の話を

 

知っている方も多いのではないでしょうか?

 

 

又、多くのの禅画を残しています。

 

 

 

白隠禅師に興味をもたれた方に

 

お勧めの一冊をご紹介します。(^^)

 

 

 

白隠禅師
 
仏を求めて仏に迷い
 
 
著者は
 
秋月龍さん
 
 
白隠禅師の入門書としては最適です。(^^)
いつも長原整骨院のブログを
ご覧いただきまして
ありがとうございます。m(__)m

 

臨時休診のお知らせ

 

現在、

 

臨時休診はありません