· 

こつこつ

No.185

 

令和元年11月27日(水) 曇り一時雨

 

 

 

今回は

 

このブログでも時々、ご紹介させて頂いている

 

坂村真民さんの詩より  (^^)

 

 

 

「こつこつ」

 

 

こつこつ

 

こつこつ

 

書いてゆこう

 

 

こつこつ

 

こつこつ

 

歩いてゆこう

 

 

こつこつ

 

こつこつ

 

掘ってゆこう

 

 

 

この詩は

 

坂村真民さんが50歳の時に

 

書かれたものです。

 

 

 

「かなしみを

 

あたためあって

 

あるいてゆこう」

 

 

の解説では

 

 

 

 

真民さんの生き方を、

 

簡潔明瞭に表していると

 

書かれています。

 

 

短い詩ですが

 

この詩では3つのことを

 

自分自身に言い聞かせる為に

 

作った

 

「生き方の詩」

 

だそうです。( ̄ー ̄)

 

 

 

1つ目は

 

詩を書くうえでも、

 

人間としてどう生きるかを、

 

苦しみながら、

 

悩みながら、

 

毎日毎日こつこつ書き続けること。

 

 

2つ目は、

 

自分が決めた一本の道を、

 

ゆっくりと、

 

一歩ずつ、

 

歩きながら生きてゆくこと。

 

 

そして、

 

一番大切なのが

 

最後の

 

「こつこつ

 

こつこつ

 

掘ってゆこう」

 

ということではないでしょうか? 

 

 

とあります。(>_<)

 

 

何事も

 

「こつこつ」

 

一歩ずつですね!(^^)

 

 

 

いつも長原整骨院のブログを

 

ご覧いただきまして

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

 

臨時休診のお知らせ

 

現在、

 

臨時休診はありません