· 

空想教室

No.193

 

令和元年12月16日(月)晴れ

 

 

 

今回も本のご紹介です。(^^)

 

 

 

このブログでも

 

度々取り上げさせていただいている

 

植松努さんの著書です。

 

 

好奇心を”天職”に変える

 

空想教室

 

 

 

小さな町工場から

 

自家製ロケットを打ち上げ

 

宇宙開発の常識を変えた

 

植松努さんの講演を

 

文字におこした本です。(^^)

 

 

植松さんは

 

世の中から

 

 

「どうせ無理」

 

 

という言葉を

 

なくしたいとおっしゃいます。

 

 

 

人が

 

 

「こうしたい!」

 

 

といった時に、

 

 

出来ない理由を教える人、

 

否定する人、

 

評論する人がいます。

 

 

そういう人たちの言葉に負けないように、

 

 

「だったらこうしてみたら」

 

 

という言葉を使うと良いとおっしゃいます。

 

 

講演録ですので

 

とてもわかりやすい表現で

 

書かれていますが

 

 

核心を突く内容に

 

読み進めると

 

元気と勇気が

 

湧き出てきます。(^^)

 

 

以前にご紹介した本も同様に

 

ご購読して頂けたらと思います。(^^)

 

 

『思うは招く』

 

https://ameblo.jp/nagahara-seikotuin/entry-12451960290.html?frm=theme

 

 

子どもたちにも

 

是非とも

 

読んで欲しい本ですね。(^^)

 

 

 

いつも長原整骨院のブログを

 

ご覧いただきまして

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

 

臨時休診のお知らせ

 

現在、

 

臨時休診はありません