· 

保険取り扱い

No.215

 

 

 

令和2年2月12日(水)  晴れのち曇り一時雨

 

 

 

 

 

 

 

前回の続きです。(^^)

 

 

 

 

 

 

 

今回は「接骨院・整骨院」の

 

 

 

保険取り扱いについて

 

 

 

なるべく

 

 

 

わかりやすく

 

 

 

簡単に書いていきます。(^^)

 

 

 

 

 

接骨院・整骨院での

 

 

 

健康保険取り扱い範囲は

 

 

 

 

 

骨折(こっせつ)

 

 

 

脱臼(だっきゅう)

 

 

 

打撲(だぼく)

 

 

 

捻挫(ねんざ)

 

 

 

挫傷(ざしょう)

 

 

 

 

 

の5つに限られます。

 

 

 

 

 

いわゆる外傷、ケガです。

 

 

 

 

 

例えば、

 

 

 

ギックリ腰は保険適応ですが

 

 

 

坐骨神経痛や椎間板ヘルニアは

 

 

 

保険適応外です。

 

 

 

 

 

寝違い、筋違いは

 

 

 

保険適応ですが

 

 

 

肩こりや慢性的な腰痛などは

 

 

 

保険適応外になります。

 

 

 

 

 

自宅で荷物を持ち上げた時に

 

 

 

腰を捻って痛めると

 

 

 

保険適応になります。

 

 

 

 

 

しかし

 

 

 

職場で荷物を持ち上げた時に

 

 

 

腰を捻って痛めると

 

 

 

健康保険の適応にはならず

 

 

 

労災扱いになります。

 

 

 

 

 

日曜日にプライベートの時間に

 

 

 

ジョギングをしている時に

 

 

 

足首を捻って捻挫すると

 

 

 

保険適応ですが

 

 

 

会社に行く途中に駅の階段で足首を捻ると

 

 

 

この場合も労災扱いになります。

 

 

 

 

 

当然、

 

 

 

接骨院・整骨院でも

 

 

 

労災は取り扱いできますが

 

 

 

 

 

あくまで健康保険を使用できるのは

 

 

 

日常の病気やケガになります。

 

 

 

 

 

しかし、

 

 

 

接骨院・整骨院は

 

 

 

病気は取り扱いできませんので

 

 

 

保険取り扱い出来るのは

 

 

 

日常の外傷(ケガ)のみで

 

 

 

 

 

骨折、

 

 

 

脱臼、

 

 

 

打撲、

 

 

 

捻挫、

 

 

 

挫傷、

 

 

 

のみになります。

 

 

 

ですから

 

 

 

接骨院・整骨院で

 

 

 

肩こりや慢性的な腰痛で

 

 

 

保険を使ってマッサージなどは

 

 

 

出来ない訳です。

 

 

 

 

 

そもそも

 

 

 

マッサージが出来るのは

 

 

 

医師を除けば

 

 

 

『あんま・マッサージ・指圧師』

 

 

 

という国家資格保有者のみです。

 

 

 

 

 

又、

 

 

 

健康保険でマッサージを受けるには

 

 

 

医師の同意が必要で

 

 

 

『麻痺・拘縮』

 

 

 

のみです。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみ

 

 

 

私の保有資格は

 

 

 

 

 

"柔道整復師"

 

 

 

"鍼灸師"

 

 

 

"介護支援専門員"(ケアマネージャー)

 

 

 

 

 

ですので

 

 

 

 

 

マッサージをすることも許されませんし

 

 

 

施術所に

 

 

 

『マッサージ』の文字も

 

 

 

表記することさえ出来ません。

 

 

 

 

 

 

 

拙院での保険取り扱いは

 

 

 

 

 

骨折、

 

 

 

脱臼、

 

 

 

打撲、

 

 

 

捻挫、

 

 

 

挫傷、

 

 

 

 

 

ですが

 

 

 

 

 

骨折と脱臼に関しては

 

 

 

応急処置を除き

 

 

 

医師の同意が必要になります。

 

 

 

 

 

 

 

鍼灸で健康保険を使用する場合は

 

 

 

 

 

 

 

神経痛、

 

 

 

リウマチ、

 

 

 

五十肩、

 

 

 

頸腕症候群、

 

 

 

腰痛症、

 

 

 

頸椎捻挫後遺症、

 

 

 

 

 

の6つの疾患に限られ

 

 

 

医師の同意が必要になります。

 

 

 

 

 

この場合、

 

 

 

医療の併用は出来ませんので

 

 

 

 

 

例えば

 

 

 

『神経痛』

 

 

 

を医師の同意を得て

 

 

 

鍼灸を健康保険を使用するなら

 

 

 

 

 

医療機関で

 

 

 

『神経痛』

 

 

 

を健康保険を使用して

 

 

 

受診することは出来ません。(>_<)

 

 

 

 

 

マッサージの場合は

 

 

 

『麻痺、拘縮』

 

 

 

で医師の同意を得ますので

 

 

 

医療の併用は出来ます。

 

 

 

 

 

ちょっと

 

 

 

わかりにくいと思いますが

 

 

 

こういったルールがあります。

 

 

 

 

 

少し長くなりましたので

 

 

 

続きは次回に (^^)

 

 

 

 

 

いつも長原整骨院のブログを

 

 

 

ご覧いただきまして

 

 

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

臨時休診のお知らせ

 

現在、

 

臨時休診はありません