· 

一流

No.222

 
令和2年3月2日(月)  曇りのち晴れ
 
 
 
3月になりました。
 
新型コロナウイルスの影響で
政府から
 
小学校、中学校、高等学校、
 
特別支援学校等の
 
休校要請も出てしまいました。
 
 
ドラッグストアー等では
 
マスクに続き
 
トイレットペーパーや
 
ティッシュペーパーの
 
紙製品の不足も・・・・(T_T)
 
 
デマに惑わされず
 
冷静な行動を取りたいものです。( ̄ー ̄)
 
 
この時期
 
花粉症の私にとって
 
マスク不足と
 
ティッシュ不足は
 
本当に大変です。(>_<)
 
 
 
愚痴はこれぐらいにして
ブログいきます!(^^)
 
3月最初の今回は
 
このブログでも
 
度々ご紹介させて頂いています
 
喜多川泰さんの卓上カレンダーより (^^)
 

 

3月の言葉は
 
 
『一流』
 
 
誰にでもできることを
 
誰にも真似できないところまで
 
続けられる人を
 
一流の人というのだ
 
一流の人になろう
 
 
 
三流の人が
 
二流の人になり
 
やがて
 
一流の人になる訳ではなく
 
一流の人は常に一流だと
 
喜多川泰さんはおっしゃいます。
 
 
誰にでも出来る仕事を
 
誰にも負けない情熱でする人が
 
一流の人だとおっしゃいます。
 
 
その言葉を聞いて
 
すぐに頭に浮かんだのが
 
イエローハットの創業者
鍵山秀三郎さんです。
 

 

そして
 
"凡事徹底"
 
という言葉。
 
 
このブログでも鍵山さんの著書は
 
何度かご紹介させて頂きました。(^^)
 

 

著書の中で
 
「平凡を非凡に努める」
 
とあります。
 
 
当たり前のことを
 
当たり前にするのではなく
 
 
当たり前のことを
 
人に負けないくらい
 
一所懸命する
 
 
と書かれています。
 
 
 
例えば
 
仕事の現場で
 
難しい業務をこなしている人が
 
凄いと思われることが多々あります。
 
しかし
 
実際、難しい業務と思われる大半は
 
簡単な業務の積み重ねであることが
 
多いのではないでしょか?
 
 
決して、
 
全ての難しい業務のことを
 
言っているのではなく
 
大半の業務のことです。
 
本当に大変な業務もありますので。(^^)
 
 
 
プロのスポーツ選手や
 
芸術的な才能が求められる仕事を除くと
 
 
たいていのお仕事は
 
当たり前のことを
 
徹底的にすることで
 
達成されることが多いと思います。
 
 
 
”誰にでもできること”
 
”当たり前のこと”
 
 
”誰にも真似できないところまで”
 
”誰にも負けない情熱で”
 
”誰にも負けないくらいに”
 
すること
 
 
凡事徹底を意識し
 
”一流”
 
を目指します、(^^)
 
 
いつも長原整骨院のブログを
 
ご覧いただきまして
 
ありがとうございます。m(__)m
 
 

 

臨時休診のお知らせ

 

現在

 

臨時休診はありません。