· 

仕事

No.227

 
令和2年3月13日(金)  晴れのち曇り
 
 
最近、
 
ブログの内容に
 
相田みつをさんや
 
坂村真民さんの詩を
 
ご紹介することが多いですが
 
今回も坂村真民さんの詩のご紹介です。(^^)
 
 
「坂村真民一日一言」
 
人生の詩、一念の言葉
 
より
 

 

今日、
 
3月13日の詩は
 
 
『仕事』
 

 

 

頭のさがるのは
 
年齢でもなく
 
学問でもなく
 
肩書きでもなく
 
その人がしている
 
仕事である
 
貧しい人のため
 
苦しんでいる人のため
 
希望を失った人のため
 
体を張って
 
生きている
 
マザー・テレサのような人である
 
 
 
 
マザー・テレサの功績は
 
本当に素晴らしいと思いますが
 
誰もが出来るものではないと思います。(>_<)
 
 
 
この詩のように
 
 
貧しい人や
 
苦しんでいる人
 
希望を失った人の為に
 
仕事が出来ればれば良いですが
 
必ずしも
 
全ての人が
実感できているとは限りません。(>_<)
 
 
しかし、
 
どんな仕事でも
 
世の中に必要だからあるわけです。
 
 
もし、
 
今やっている仕事の意味がわからなくても
 
必要のない仕事はありません。
 
ただ、
 
自分が理解できていないだけです。
 
 
仕事とは
 
働くこと
 
 
働くとは
 
はたを楽にすること
 
 
はたを楽にすることとは
 
誰かの役にたつこと
 
 
仕事 = 誰かの役にたつこと
 
 
このように理解してます。m(__)m
 
 
 
この詩の
自分なりの解釈は
 
 
自分に与えられた仕事を
 
自分以外の誰かの為に
 
一所懸命すること。
 
後悔のないように
 
100%の力を出しきること。
 
 
 
という感じでしょうか? (^^)
 
 
私の仕事は
 
比較的、
 
わかりやすい業種ですが
 
 
人の役にたっていることが
 
残念ながら
 
わかりにくい仕事もあります。  (T_T)
 
 
しかし
 
わかりにくいだけで
 
必ず人の役にたっています!(^o^)
 
 
イヤイヤする1時間も
 
誰かに喜んでもらう為にする1時間も
 
同じ1時間です。
 
 
 
どうせやるなら
 
 
やらなければならない
 
仕事があるなら
 
 
 
誰かの為に
 
 
誰かの役にたつことを
 
考えながらすれば
 
 
"辛い"仕事も
 
"楽しい"仕事に
 
変わるかもわかりません。(^^)
 
 
 
相手がいる仕事なら
 
相手が驚く程に
 
相手の期待値を
はるかに越えるような
結果を出すくらいに取り組めば
 
良いのではないでしょうか? (^^)
辛い仕事も
面白くない仕事も
相手の驚く顔を想像しながら
喜んでくれる顔を想像しながら
顔も知らない
誰かの為に
何事も
精一杯
取り組みたいものです。(^^)
 
 
 
いつも長原整骨院のブログを
 
ご覧いただきまして
 
ありがとうございます。m(__)m
 

 

臨時休診のお知らせ

 

「年末年始について」

    

 

年内は30日(水)の

12:00までの受付です。  

 

休診 

12/31(木)~  1/4(月)

 

 

新年は  1/5(火)より

通常通りの受付です。