· 

あたたかい資本主義

No.232

 
令和2年3月27日(金) 雨
 
 
連日、
 
新型コロナウイルスの猛威が報道され
 
日本中、
いや世界中が
 
今後どうなっていくのか?
 
と不安な気持ちになっている方が
 
多いのではないでしょうか?(T_T)
 
 
東京オリンピックの延期も発表され
 
閉塞感満載です。(>_<)
 
 
外出自粛の要請も出ていますので
 
こういう時は読者が一番!
 
ということで
 
本のご紹介です。(^^)
 
 
あってよかった!応援したい
 
ニッポンを幸せにする会社
 

 

 

著者は
 
鎌田 實さん
 
 
1948年、東京都生まれ
 
1974年、東京医科歯科大学医学部卒業
 
1988年、諏訪中央病院院長に就任
 
2005年より名誉院長
 
 
2000年、『がんばらない』
 
ベストセラーになり、他にも著書多数。
 
 
この本は
 
東日本大震災の
翌年の2012年に出版され
 
内容が
 
新型コロナの影響を受けている
 
今にピッタリの本では
 
ないかと思いました。 (^^)
 
 
帯には
鎌田實は医師で作家というだけじゃない。
 
4億円の赤字を抱えた公立病院を
 
20億円の黒字に転換させた
 
経営者でもあった。
 
だから、
 
幸せを感じられる国
 
をつくる処方箋を、
 
どうしても書きたかった。
 
おもしろくて、
 
明日が楽しみな会社
 
をぜひとも知ってほしかった。
 
 
とあります。
 
 
 
内容を少しだけ (^^)
 
 
 
日本だけではない。
 
世界中が行き詰っている。
 
働きたくても仕事がなくて、
 
困っている人がいる。
 
お金がなくて、
 
日々の暮らしも立ちゆかない人がいる。
 
人から夢や希望を奪い取る社会ではなく、
 
生きる喜びがあり、
 
明日が信じられる社会のあり方を考えてみた。
 
 
人が生きるために必要な
 
仕事と収入と暮らし、
 
人と人との絆を考えながら、
 
政治や経済や哲学や医療をゴチャ混ぜにして
 
新しい社会のあり方を、
 
模索してみた。
 
 
NPOの活動を続けるために苦心を重ね、
 
東北の被災地へ通い続けているうちに、
 
お金の回転と雇用の拡大が、
 
どれほど大事かが見えてきた。
 
そして、日本を変えていく
 
お手本になるような会社が
 
あることに気がついた。
 
 
 
日本を幸せにする為
 
お金を回転させ
 
経済を良くし
 
雇用を広げる為に
 
 
「お金と同時にあたたかさを回転させている」
 
 
やさしい会社を紹介しています。
 
 
 
鎌田さんはそれを
 
 
「あたたかい資本主義」
 
 
と呼んでいます。(^^)
 
 
知っている会社も
 
初めて知る会社もありますが
 
どの会社も
 
「あたたかい資本主義」
 
の会社ばかりです。
 
 
是非ともご一読して
 
 
「ニッポンを幸せにする会社」
 
 
を知ってください。(^^)
 
 
閉塞感や不安がある
 
今だからこそ
お金の回転と雇用の拡大
の重要性が認識できます。(>_<)
いつも長原整骨院のブログを
 
ご覧いただきまして
 
ありがとうございます。m(__)m
 

 

 

臨時休診のお知らせ

 

現在、

 

臨時休診はありません