· 

甲子園、台湾代表!

No.259

 

令和2年9月7日(月) 曇りのち晴れ

 

 

 

9月に入りましたが

 

まだまだ暑い日が続いています。(>_<)

 

 

これからは

 

コロナウイルスだけでなく

 

インフルエンザのこともありますので

 

少し不安を覚える方も

 

多いのではないでしょうか?

 

 

今年は高校野球をはじめ

 

各種スポーツ大会やイベントの中止で

 

最終学年の子供たちは

 

悔しい思いをした方も

 

多いはずです。( ̄ー ̄)

 

 

その中で

 

春の選抜高校野球で選ばれたチームが

 

わずか一試合ですが

 

憧れの甲子園でプレーできたことは

 

本当に良かったと思います。(^^)

 

 

という訳で

 

今回は

 

甲子園関係の本をご紹介します。(^o^)

 

 

『KANO 1931海の向こうの甲子園」

 

 

 

1931年の日本統治下時代の台湾から

 

甲子園に出場した

 

実在のチームを描いた作品です。(^^)

 

 

2014年に台湾で映画化され

 

歴史的な大ヒットとなり

 

日本でも2015年に公開され

 

DVD化もされているようです。

 

 

ずっと映画を観たいと思っていましたが

 

結局観れず

 

本が出版されていましたので

 

購読しました。(^^)

 

 

 

甲子園に

 

台湾や朝鮮半島、満州から

 

代表チームが参加していたことを

 

知っている人は

 

少ないのではないでしょうか? (^^)

 

 

 

台湾の弱小チームが

 

名門校の元監督から特訓を受け

 

甲子園の優勝を目指す

 

実話に基づいたストーリーです。

 

 

日本統治下の台湾では

 

内地から移住した日本人、

 

 

明や清国統治時代に

 

移住してきた子孫の漢民族、

 

 

台湾の原住民族など

 

複数の民族が混在して暮らしていました。

 

 

民族の壁を越えた心温まる話が展開され

 

日本を敬愛してくれている

 

台湾の実話ですので

 

是非とも日本の教科書にも

 

載せて欲しい内容です。(^o^)

 

 

台湾の発展の為、

 

長い年月をかけて烏山頭ダムを完成させた

 

 

台湾で最も有名で

 

最も尊敬されている日本人の

 

八田興一さんも登場します。(^^)

 

 

欧米諸国の植民地政策とは

 

全く異なる

 

 

日本の統治下政策が

 

垣間見れる作品ですので

 

 

まだお読みになっていない方は

 

本書、若しくはDVDで

 

是非、ご覧になってみて下さい。

 

 

ネタバレするといけませんので

 

このくらいで! (^^)

 

 

いつも長原整骨院のブログを

 

ご覧いただきまして

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

 

臨時休診のお知らせ

 

「年末年始について」

    

 

年内は30日(水)の

12:00までの受付です。  

 

休診 

12/31(木)~  1/4(月)

 

 

新年は  1/5(火)より

通常通りの受付です。