· 

評価される力

No.268

 

令和2年11月2日(月)曇りのち雨

 

 

 

 

11月に入りました。

 

早いですね!(^^)

 

 

今年も残り2ヵ月をきりましたが

 

例年以上に早く感じます。

 

積読状態の本を

 

年内に少しでも読了しないと 、、、

 

 

という訳で

 

今回も本のご紹介です。(^^)

 

 

入社3年目までに身につけたい

 

上司のトリセツ

 

 

作者は

 

横山 信治(よこやま のぶはる)さん

 

 

1982年、

 

日本信販株式会社(現 三菱UFJニコス)入社

 

 

営業成績全国最下位のダメ営業マンから、

 

全国No.1営業へ。

 

 

その後、

 

東証一部上場の金融グループ企業で

 

役員、社長を経て、2014年4月独立。

 

 

横山さんの面白い経歴として

 

小学生の時、

 

6代目笑福亭松鶴に入門し、

 

最年少プロ落語家として

 

テレビ、ラジオ、劇場に多数出演。

 

 

芸名は笑福亭手遊

 

笑福亭鶴瓶さんの元兄弟子になります。(^o^)

 

 

本書のサブタイトルとして

 

 

”急なムチャぶり、

 

理不尽な怒りを華麗にかわして

 

成果を上げる方法”

 

 

とあります。(^^)

 

 

能力や実力はたいして変わらないのに

 

評価や待遇が違うと

 

感じたことはありませんか?

 

 

 

ミスをした時に

 

 

「わからないなら聞け!」

 

と怒られる人

 

 

「伝えてなくて悪かったね」

 

と謝られる人

 

 

 

残業していると

 

 

「もうちょっと効率を考えろよ」

 

と嫌味を言われる人

 

 

「よく働いてくれて助かるよ」

 

と労われる人

 

 

 

業績向上に

 

 

「もうちょっとできたんじゃないか」

 

と疑われる人

 

 

「その調子で次も頼むよ」

 

と励まされる人

 

 

 

同じことをしていても

 

評価は人によって異なります。

 

 

 

本書は

 

 

「評価される力」

 

 

をつけるための

 

 

「上司のトリセツ」

 

 

を学んでいく本です。(^^)

 

 

 

クイズ形式で

 

 

『質問』

 

 

『選択式の回答』

 

 

が用意されていて

 

回答には

 

点数と詳しい解説があり

 

自分の回答の点数を合計することにより

 

 

『評価される力』

 

 

が数値化されます。

 

 

 

”はじめに”より少しだけ(^^)

 

 

 

評価される力を上げないままで

 

あがけばあがくほど、

 

かえって

 

「実際の評価」

 

は下がることのほうが

 

多いのですが

 

そうと気づかず、

 

墓穴を掘り続けています。

 

 

たとえば、

 

「自己アピールばかりする」

 

「自分は悪くないばかりに言い訳をする」

 

「点数稼ぎをしたくて、上司に取り入る」

 

「他者を貶めたくて悪口を言う」

 

などは、

 

本人は「自分の評価を上げるため」

 

にやっています。

 

しかし実際は、

 

信用を失い、

 

評価は下がってしまうでしょう。

 

 

「評価される力」を上げないままに

 

評価だけを上げようとすると、

 

努力の方向性を間違えてしまうのです。

 

しかし本人は、

 

たいがいその間違いには気づきません。

 

 

 

「オレばっかり、なんで?」

 

となりがちな人は

 

是非、ご一読を!(^^)

 

 

いつも長原整骨院のブログを

 

ご覧いただきまして

 

ありがとうございます。m(__)m

 

臨時休診のお知らせ

 

「年末年始について」

    

 

年内は30日(水)の

12:00までの受付です。  

 

休診 

12/31(木)~  1/4(月)

 

 

新年は  1/5(火)より

通常通りの受付です。