· 

しない経営

No.287

 
令和3年2月10日(水) 晴れ
 
 
少しずつ暖かくなって来ましたが
朝夕はまだまだ寒いですね。
体調を崩されないよう
ご自愛下さい。m(__)m
今回も本のご紹介です。(^^)
 

 

ワークマン式「しない経営」
 
 
著者は
 
土屋 哲雄(つちや てつお)さん
 
 
株式会社ワークマン専務取締役
 
 
1952年生まれ
 
東京大学経済学部卒業
 
 
三井物産入社後、海外留学を経て、
 
三井物産デジタル社員に就任。
 
 
本社経営企画室次長、
 
エレクトロニクス製品開発部長、
 
上海広電三井貿易有限公司総経理、
 
三井情報取締役など
 
30年以上の商社勤務を経て
 
2012年、
 
ワークマン入社、常務取締役
 
 
2019年、
 
専務取締役
 
経営企画部
 
開発本部
 
情報システム部
 
ロジスティクス部担当
 
 
 
本書は
 
10期連続で最高益を叩き出している
 
ワークマン急成長の戦略が
 
書かれています。(^^)
 
 
皆さんはワークマンにどんなイメージを
 
お持ちでしょうか?
 
 
 
昔は
 
 
作業着や軍手
 
プロの職人が利用する店
 
 
というのが一般的なイメージでは
 
ないでしょうか?(^^)
 
 
最近は
 
マスコミでもよく取り上げられ
 
アウトドア等に最適と
 
評価されているようです。(^^)
 
 
高品質なのに低価格というのが
 
認知されてきて
 
バイクや自転車でのツーリング
 
釣りやアウトドアに
 
よく利用されていて
 
 
専門店の1/3程度の価格ですので
 
多くの方が利用するのも納得です。(^^)
 
 
私も
 
ワークマンのレインブーツやバック
 
レインコート等
 
レイングッズを
 
よく利用させて頂いています。(^^)
 
 
 
本書のはじめに
 
 
・社員のストレスになることはしない
 
・ワークマンらしくないことはしない
 
・価値を生まない無駄なことはしない
 
 
と書かれ
 
「しない会社」が、
 
どのようにして
 
ブルーオーシャン市場を発見し、
 
客層拡大して業績を上げたのか?
 
 
どのようにして
 
自分の頭で考える社員を育てたのか?
 
 
を余すところなく書かれています。(^^)
 
 
 
『しない』ことを挙げてみると
 
 
残業しない。
 
仕事の期限を設けない。
 
ノルマと短期目標を設定しない。(^^)
 
 
値引きをしない。
 
顧客管理をしない。
 
閉店後にレジを締めない。(^o^)
 
 
社内行事はしない。
 
会議は極力しない。
 
経営幹部は極力出社しない。( ; ゜Д゜)
 
 
本書を読み進めていくと
 
「しない」
 
理由がよく理解できますが
 
なかでも驚いた記載が
 
 
「善意型」サプライチェーン
 
 
 
取引している製造元が
 
ワークマンの個別店舗を含む全ての
 
納品数を決め、自主的に納品する。
 
そして
 
ワークマンがそれを全量買い取る。
 
 
他では先ず
 
考えられないのではないでしょうか? 
 
 
通常は
 
販売元が製造元に発注をかけますので
 
大手と取引しているところは
 
ペナルティを恐れて在庫を
 
3~4倍持つところもあるようです。(>_<)
 
当然、
 
無駄もありますし
 
価格に転換されます。
 
 
アメリカのウォルマートは
 
売る瞬間まで製造元持ちとのこと。(>_<)
 
 
他にも
 
面白い記載がたくさんありますので
 
経営側の人だけでなく
 
業種に関係なく
 
働いている全ての人に
 
参考になることが
 
たくさん書かれていますので
 
是非とも読んで欲しい本です。(^^)
 
 
 
ちなみに
 
 
”ワークマン”
 
 
 
”ワークマンプラス”
 
 
 
扱っている商品は
 
全く同じだそうです。(^o^)
 
 
まだワークマンに
 
行ったことのない人は
 
本書の購読はもちろん
 
実際の店舗に
 
足を運んでみたらいかかでしょうか?
 
 
 
いつも長原整骨院のブログを
 
ご覧いただきまして
 
ありがとうございます。m(__)m
 

 

臨時休診のお知らせ

 

5/15(土)

 

研修の為、休診です。