· 

続々・稲盛さんから学ぶ

No.298

 

令和3年3月31日(水) 晴れ

 

 

 

2、3日良い天気が続いていますが

 

黄砂の影響で視界が悪いです。(*_*)

 

 

遠い大陸から

 

よく飛んでくるものだと

 

いつも驚きます。

 

 

ちょっと勘弁して欲しいですね。>.<

 

 

 

今回のブログは

 

前回、前々回同様

 

”致知·の

 

稲盛さんから学ぶです。(^^)

 

 

 

京都大学iPS細胞研究財団の

 

山中伸弥先生の記事です。

 

 

京都賞受賞から四年経過した

 

2014年に稲盛さんと対談した時のことが

 

書かれていました。(^^)

 

 

 

山中先生が

 

普段心掛けしていることについて

 

 

 

百メートル走では

 

死に物狂いで全力疾走しますが、

 

それをマラソンでやると必ず

 

途中で力尽きてしまう。

 

ですから、

 

いいタイムで完走するためには

 

ペース配分をきちんと考えて、

 

途中で水分や栄養も補給しながら、

 

ペースを乱さすに

 

走り切ることが大切です。

 

 

(中略)

 

 

 

研究開発はそれと同じで、

 

特に医学の分野では二十年、

 

三十年という年月を要します。

 

途中でで息切れしないように、

 

ペース配分を考えて毎日頑張ってます。

 

 

とおっしゃると

 

 

 

稲盛さんは

 

 

「僕は違う。いつも全力疾走だ」

 

 

と答えたそうです。(>_<)

 

 

 

会社経営の経験のない素人が

 

ちんたら走っていたら、

 

自分では

 

走っているつもりかもしれないけど、

 

全然勝負にはならないでしょう。

 

だから僕は、

 

走り切れなくてもいい、

 

最初の数キロだけでも

 

一流選手に伍していこうという思いで、

 

常に全力疾走してきました。

 

 

(中略)

 

 

 

最初から全力で走ろうと決めて、

 

必死になって先頭集団に追い付こうと

 

意気込んで走り続けてきたからこそ、

 

実を結んだと思っています。

 

 

 

長年、

 

先頭を走り続けてこられた

 

稲盛さんの言葉は

 

重みが違います。(>_<)

 

 

常に全力疾走!

 

 

本当に凄い人です。(^^)

 

 

 

山中先生について

 

過去のブログ記事も

 

お時間のある時に

 

ご覧いただけたら幸いです。m(__)m

 

 

 

No.11  『18年ぶり』

 

 

 

 

長期の展望(ビジョン)を見据え

 

それに向かって

 

努力を重ねる(ハードワーク)ことが大切

 

 

 

いつも長原整骨院のブログを

 

ご覧いただきまして

 

ありがとうございます。m(__)m

 

 

臨時休診のお知らせ

 

5/15(土)

 

研修の為、休診です。